FC2ブログ
感情に惑わされない
2018 / 08 / 10 ( Fri )
こんばんは♪remonです。

若いころのことを思えば、随分感情に振り回されることは少なくなってきた・・・はず・・・・と思いたい(^^ゞ

実際は、振り回されるときは思い切り振り回されるという極端な状況になることが多い。

一番わかりやすいのは、子供に対して。冷静にしようと思っていても、感情が反応を起こしてしまう。

大人の対人関係では、そういうことはほとんどないので、却って振り回されてる感も際立ってしまう。

感情が反応を起こしてしまったとしても、できるだけ早く、その反応がなぜ起こったのか、どうすればいいのかを考えるようになった。

すると、相手に対して言いいたいと思っていたことや、言ってしまったことは、実は自分自身にも
言えるということが、得てして多いことに気づくようになった。

相手のためだと思って言ったことも、実は自分もそれを省みる必要があるというのは、まさに他人は自分の鏡であることを証明していると思う。

スポンサーサイト
23 : 42 : 07 | 自然 | page top↑
絵本再発見
2018 / 08 / 09 ( Thu )
知り合いの人が、友人を誘って絵本の読み聞かせの会をされているので、2か月ぶりに参加してきた。
絵本の読み聞かせなんて、子供にするものだと普通は思うところだけど、大人になっても
絵本の良さに触れたいとか、子供の頃の絵本をもう一度読んでみたいとか、あるいは子供の頃は
読んでもらえなかったからとか、いろんな理由で機会さえあればまた読んでみたいと思っている人は
案外いるのかもしれない。

毎回、それぞれが選んだ絵本を持ち寄って、順番に皆に読み聞かせる。
自分は読まずに誰かに読んでもらうのでもかまわない。
読む順番は最初に、集まった絵本のおおまかな内容から決める。


日常に紛れて忘れていたことを思い出させてくれる機会にもなっている。
知らない絵本もたくさんあるし、子供向けなのにとっても深い内容だったり、子供の頃とはまた違う感覚で受け止めるお話は、とっても新鮮だったりする。
お話が終わるごとにそれぞれに思ったことをシェアしたりしながら10冊くらいの絵本を読んでいく。
あっと言う間に3時間とか経ってしまう。

月に1度の憩いの時間だ。

23 : 30 : 30 | 絵本 | page top↑
立秋
2018 / 08 / 07 ( Tue )
昨夜から心地いい風が吹き始めて、ちょっと横になったらうとうとしてしまい
気付いたら夜半過ぎだったので、寝てしまいました。

天気予報を聞く限りでは、相変わらずの猛暑が続くとのことだったので、今年ばかりはとうとう立秋も真夏のごとく過ぎ去るのかと思っていました。変な話、諦めていました。

例年なら、立秋を迎えると、いくらそれまでが暑かったとはいえ、日差しが強くてもどことなく風が涼しく感じられて、あぁ、これからどんどん秋に向かっていくなーと思っていました。

今年は、連日35度以上とか有りえないほどの酷暑でどうなることかと思いましたが、今日くらいに風が吹くともう、「冷たい川の水に飛び込みたい!!!」とは思わないのです。

もちろん、車に乗れば暑くてたまらないし、日向に出れば否応なしに汗が噴き出るには違いないのです。

ただ、日陰に入った時や家の中で感じる風は、熱風ではないのです。

ちょうど台風が発生して北上しているらしいので、その影響もあるでしょうけど、台風がこの時期にやってくるのも季節の移り変わり。
前回はかなりへんてこな前代未聞の台風でしたが。

今夜も、涼しい風がずーっと拭いています。
窓を少し閉めないと、寝冷えしてしまいそうなほど涼しい。。。

さぁ、ちょっと気持ちも落ち着けて、これからのことなどまとめようかな。

22 : 15 : 40 | 自然 | page top↑
チャネリングや占い鑑定の有効利用
2018 / 08 / 05 ( Sun )
昔から、西洋占星術やタロット占い、易占いが好きで、見てもらうのも自分でやるのも嵌った時期がありました。
特に思春期のころは、片思いの彼との相性を調べてみたり、占ってみたり。
好きな人の生年月日をどうやって聞き出そうかと、友達と相談したり。
成人してからは、街角で見つけた易占いの人のところに足しげく通っては恋のゆくえや結婚運をみてもらったりしました。
自分ではなかなか決断ができなくて、ちょっと背中を押してもらうために占いセンターなんかに行って鑑定をお願いしたこともありましたね。

でも、いつの頃からか嵌ることはなくなりました。

どんなに心配でもどんなに不安で落ち込んでも、決めるのは結局自分であり、占いに頼ったところで
いい結果が得られる保証はどこにもない、とわかったからだと思います。

ただ、だからといって、それらの占いを信じないとか当てにしないとか思うようになったわけではありません。
現実であろうとなかろうと、当たろうとはずれようと、未知の世界を想像するというのはいくつになっても楽しいものです。

西洋占星術では、いつのまにか石井ゆかりさんのファンになっていました。
あの方の占いは、とてもファジーで表現豊かで、それぞれの人にあった解釈ができ、それでいて、ちゃんと星の裏付けが取れているという、完璧さ。
そして、もちろん、どんな読みでも明るい未来を示唆する内容になっています。
これは、どんな占いでもとても大事なことです。
占いとは、本来、人々に希望をもたらすべきものだと思います。
どんな悪い状況も、少しでもよりよくなるように示唆する、希望を見だすツールです。

Keikoさんは、知ってはいましたが、なんとなく派手さが鼻についてファンではなかったのですが、それでも新月・満月の願い事をするためのパワーウィッシュのやり方はとても説得力があり、効果もあるということで、最近は必ずパワーウィッシュを書いています。
ちゃんと結果も出てきています。

マルシェに出店したり、遊びに行ったりする中でいろんな作家さんたちとも繋がりができると、ヒーリングや占いなど、スピリチュアルに関する方々とも知り合うようになり、昔よりも気軽に鑑定をしてもらうようになりました。
ただ、そういうときに必ず意識するのは自分軸で、大体流れがわかっていたり、自分である程度方向性が見えていたりして、確認したり、決断のヒントを得たりするために鑑定してもらうようにしています。


今回は、ある人の紹介で透視やチャネリングができる先生の相談会というものがあって参加してきました。
この方は霊能者とのことでした。
さすがに霊能者の方と知り合う機会はなく、見られたくないことまで見られてしまうのではないかという疑念がどうしてもぬぐえず、相談するくせに、ちょっと引いた感じで見ていたのでした。
しかし、それは相手にも失礼だし、せっかくの機会だったのにメッセージをちゃんと受け取れない結果になってしまいました。
別に取って食おうというわけではないのだから、相談するからには、ちゃんと心を開いて対峙するべきだったと思いました。

そして、私は去年、改めてタロットカードを学び、鑑定士をやってみることにしました。

というのも、半世紀以上生きてきて、少なからず私の経験から学んだことが誰かの役に立つかもしれない、希望になるかもしれないと思ったからです。
それと、タロットカードを読むのが楽しくなってきたから、というのもあります。

相談者さまに寄り添い、明るい未来を示唆できる鑑定士を目指します。

23 : 35 : 00 | 見えない世界 | page top↑
8月は大きく揺さぶられる時と言われていたけど
2018 / 08 / 04 ( Sat )
1日の中で、こんなに感情が乱降下したのは初めてかもしれません。

いや、結婚前、それこそ旦那がなかなか煮え切らなくて悩んだ時期もあったけど、朝から晩までということはなかったし、悩みはしたけど落ち込みはしなかったはずです。


具体的なことは書けませんが、このところ、安定してるように見えて、なにかと停滞気味でやる気もありませんでした。
それをある人に相談したら、

「安定」とか「現状維持」というのは、実はそのままにしていると衰退していく危険があるから、常に何かにチャレンジする気持ちを持ち続け、その対象を探すことが重要だ

と教えてくれました。
そして、緩やかな日々というのはちょっとした小休止で、次なる展開の前兆かもしれない、とも。

まさしく、その言葉通りに、私は自分で次なる展開への引き金を引いたようなものでした。
顕在意識では、そんなことをするつもりは毛頭なかったのですが、ちょっと浮足立ってしまってとった行動が引き金となり、自分に返ってきたという感じです。

昨年暮れから今年の前半にかけてのことを回想して、いや、まさかそんなはずはない!と思いながらも、現状をみるとそんな確信もグラグラと揺らいで、一体これからどうすればいいのか、あれほどはっきりとイメージした夢は叶わないというのか?

それほどにショックを受けて、信頼できる人に相談しながらも、落ち込む気持ちを止めることはできませんでした。

心の中の暗闇の底で、一晩いろいろと考えていました。

なんとか冷静に自分の感情と状況を分析して、これからの指針を見出そうとしていました。

しかし、どうにもこうにも、私一人の頭ではどうすればいいのか、わかりませんでした。


今朝になって、昨日相談に乗ってくださった方から連絡が入って、再びいろいろと思うところを話しているうちに「あ!もしかしたらそれ?!」と気づくことがありました。

その気づきによって、腑に落ちなかった一連のことが、絡んだ糸がほどけるようにスルスルと1つの流れになって、あっさりと理解できました。

なんだ、そういうことだったのか!!

私の中ですべての辻褄があいました。納得しました。

それと同時にほっと安堵できました。

一気に心が軽くなってしまいました。昨日の落ち込みがウソのような軽さです(^^ゞ

それならそうと、早く言ってほしかったとは思いましたが、私にとってはショックが必要だったのだと思います。
おかげで肚も決まりました。
これでまた新たな気持ちと覚悟で夢に向かって歩き出せます。

なんとも不思議な、揺さぶられまくった一日でしたが、見事なV字回復!

23 : 22 : 30 | その他 | page top↑
| ホーム | 次ページ