FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
山の上で月光浴~のんびりするだけだったはずなのに?!
2018 / 08 / 27 ( Mon )
昨夜は素晴らしく明るい満月でした。
 うお座の満月

友達に誘われて”満月のお茶会”みたいなことしに行ってきました。

ちょうど車で10ほどのところに頂上が芝生になっている小さい山
があるのです。
頂上には小さな古墳もあって、時にはUFOも見られるらしいです。
芝生の周囲は桜の木で春はお花見で賑わうところでもありますが、
案外穴場のようです。

日が暮れた頃、友達と待ち合わせて頂上へ向かいました。
公園の入り口にはトイレがあり、一つだけ明るい街頭がついて
いました。

緩やかな傾斜の芝生を進んで行くと、もうお月さまは東の空の
ちょうどいい高さにまで上っていて私たちは真正面から月光に
照らされていました✨

持ってきたゴザを拡げてくつろぎました。

しばらくは満月の写真を撮ったり星を見たり、UFOを探してみたり(^^)
最初は飛行機だと思って見ていた光が、妙に速く移動するのを見て
あれUFOじゃない?!
と目で追いかけて、、、でも、その後も同じコースを通る光にやっぱり飛行機
みたいね、、、などと言ってましたが、
でもでも、最初に見たやつはもう一つゆっくりの光も平行に飛んでたけど、
あれはどこへ行った?

とかとか(^^;)
3人でキャーキャーわーわーとはしゃいでおりました。
うさぎと月 
続きを読む
スポンサーサイト
11 : 37 : 00 | 自然 | コメント(0) | page top↑
マジックショーに隠されたメッセージとは?
2018 / 08 / 15 ( Wed )
こんばんは♪remonです。

かれこれ10年ほど前に存在を知ったというのに、ついぞ行く機会がなかった、いや作らなかったのが、今年の春になって、あれよあれよという間に行く段取りができて、先日行ってきました。

どこかというと、知る人ぞ知る長崎のあんでるせん。

今ではかなり有名になっていて、食べログにまで載っています。
しかし、物見遊山で行く人もまだまだいるのでしょうか。

確かにショーは目を見張るものばかりで、普通のマジックの延長のようなものもありますが
どう見たって、どう考えたって3次元では有りえないことが目の前で繰り広げられます。

それをどうとらえるのか。
信じられない光景を目の当たりにしながらも、最終的には「ワンネス」「可能性は無限大」というところに行きつく気がします。
そして、明るい未来を作っていくのは自分自身であるということも。

私は幸いにも初めてにしてカウンターの特等席で見ることができたのですが、くじを引く役になったのについに自分の番号が出ることはなく、マスターからも個人的にメッセージをもらうことは叶いませんでした。

それでも、ショーの合間に語られる言葉はしっかりと心に届いたし、知り合いのお土産にフォークを頼んだ時は少しメッセージを頂くことができました。

エネルギーもたくさんいただきました。まさか、あんなに火花が散るほどの電気エネルギーが
流れているというのも驚きでした。
頭頂にちょっと指を触れるとバチッと音がして痛かったです(^^ゞ
他の方のときに見ると、本当に火花が飛んでいました。しかもその強さをコントロールできるようでした。

天下泰平さんという方がブログでおっしゃってますが、マジック半分、超能力半分という感じです。
でも、本当は何もかもできるし、何もかもお見通しなんだと思います。

途中で気が付いたのですが、マスターとは「目を合わす」ことができませんでした。
どういうことかというと、「目を見てる」のではないようなのです。
だから、私の方がマスターの目を見ていてもマスターの目は私を見ているようには見えないので、最初は、私を指してるのだということを理解するのに時間がかかりました。
目が合ったと思えたのは、別れ際に会釈したときだけでした。

毎回、ショーに訪れた人たちに共通のメッセージが散りばめられるのだと思いますが、
今回のテーマは男性脳と女性脳の違いと信じる心、想いを伝えることだったのかな、と思います。

23 : 47 : 47 | 自然 | page top↑
感情に惑わされない
2018 / 08 / 10 ( Fri )
こんばんは♪remonです。

若いころのことを思えば、随分感情に振り回されることは少なくなってきた・・・はず・・・・と思いたい(^^ゞ

実際は、振り回されるときは思い切り振り回されるという極端な状況になることが多い。

一番わかりやすいのは、子供に対して。冷静にしようと思っていても、感情が反応を起こしてしまう。

大人の対人関係では、そういうことはほとんどないので、却って振り回されてる感も際立ってしまう。

感情が反応を起こしてしまったとしても、できるだけ早く、その反応がなぜ起こったのか、どうすればいいのかを考えるようになった。

すると、相手に対して言いいたいと思っていたことや、言ってしまったことは、実は自分自身にも
言えるということが、得てして多いことに気づくようになった。

相手のためだと思って言ったことも、実は自分もそれを省みる必要があるというのは、まさに他人は自分の鏡であることを証明していると思う。

23 : 42 : 07 | 自然 | page top↑
絵本再発見
2018 / 08 / 09 ( Thu )
知り合いの人が、友人を誘って絵本の読み聞かせの会をされているので、2か月ぶりに参加してきた。
絵本の読み聞かせなんて、子供にするものだと普通は思うところだけど、大人になっても
絵本の良さに触れたいとか、子供の頃の絵本をもう一度読んでみたいとか、あるいは子供の頃は
読んでもらえなかったからとか、いろんな理由で機会さえあればまた読んでみたいと思っている人は
案外いるのかもしれない。

毎回、それぞれが選んだ絵本を持ち寄って、順番に皆に読み聞かせる。
自分は読まずに誰かに読んでもらうのでもかまわない。
読む順番は最初に、集まった絵本のおおまかな内容から決める。


日常に紛れて忘れていたことを思い出させてくれる機会にもなっている。
知らない絵本もたくさんあるし、子供向けなのにとっても深い内容だったり、子供の頃とはまた違う感覚で受け止めるお話は、とっても新鮮だったりする。
お話が終わるごとにそれぞれに思ったことをシェアしたりしながら10冊くらいの絵本を読んでいく。
あっと言う間に3時間とか経ってしまう。

月に1度の憩いの時間だ。

23 : 30 : 30 | 絵本 | page top↑
立秋
2018 / 08 / 07 ( Tue )
昨夜から心地いい風が吹き始めて、ちょっと横になったらうとうとしてしまい
気付いたら夜半過ぎだったので、寝てしまいました。

天気予報を聞く限りでは、相変わらずの猛暑が続くとのことだったので、今年ばかりはとうとう立秋も真夏のごとく過ぎ去るのかと思っていました。変な話、諦めていました。

例年なら、立秋を迎えると、いくらそれまでが暑かったとはいえ、日差しが強くてもどことなく風が涼しく感じられて、あぁ、これからどんどん秋に向かっていくなーと思っていました。

今年は、連日35度以上とか有りえないほどの酷暑でどうなることかと思いましたが、今日くらいに風が吹くともう、「冷たい川の水に飛び込みたい!!!」とは思わないのです。

もちろん、車に乗れば暑くてたまらないし、日向に出れば否応なしに汗が噴き出るには違いないのです。

ただ、日陰に入った時や家の中で感じる風は、熱風ではないのです。

ちょうど台風が発生して北上しているらしいので、その影響もあるでしょうけど、台風がこの時期にやってくるのも季節の移り変わり。
前回はかなりへんてこな前代未聞の台風でしたが。

今夜も、涼しい風がずーっと拭いています。
窓を少し閉めないと、寝冷えしてしまいそうなほど涼しい。。。

さぁ、ちょっと気持ちも落ち着けて、これからのことなどまとめようかな。

22 : 15 : 40 | 自然 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。