スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
朗読仲間との旅行-近江八幡から五個荘へ
2008 / 04 / 11 ( Fri )
午前中は近江八幡の町並みを歩き、午後は五個荘の町を散策することになった。
朗読の仲間との旅行は、普段自分だけでは到底行けない、あるいは行かないような
文化・芸術・歴史を知る旅ができることだ。
仲間と言っても年齢層は30代から60代と厚いし、皆いろいろとよく知ってるので
彼女たちから得ることも多く、勉強になる。

そんなわけで、近江八幡といえば、メンソレータムの会社のあるところで
ウィリアム・メレル・ヴォーリスという建築家が創立したということも初めて知った。
もちろん、その社名(近江兄弟社)も。保育園、幼稚園から高校までの学校法人、病院まであったとは!
元々、英語教師として日本に来たらしいが、近江八幡を愛し、日本人に帰化し名誉市民1号だそうだ。
そのヴォーリズの建てた建築物も見ながら、町並みを歩いた。
YMCA


旧八幡郵便局の2階には、ヴォーリズの家に対する基本的理念が述べられたパネルなどが
展示されていた。彼はまず台所を設計するという。食は生きるための大事な要。
また、家族の絆を築くところでもあるという。
郵便局


続きを読む
スポンサーサイト
23 : 34 : 51 | | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
朗読仲間と旅行-近江八幡-
2008 / 04 / 10 ( Thu )
JRを使えば最寄の駅から15分という近さ。車で行くより早い。
近江八幡は、秀吉の姉の息子である秀次が治めていたところで、城下町であり
近江商人の町でもある。
現在は水郷めぐりでも有名になっているところだ。
この水郷は秀次の時代に開発されたもので、これによって近江八幡は大きく栄えたそうだ。
舟

まだ少し肌寒い早春の水郷を手漕ぎ舟でのんびりゆったり巡った。
池
葦

水郷は道幅くらいのところもあれば、池のように広くなるところもあり葦原が広がる。
葦原の中からはヨシキリの声、空からはひばりの声、鴨が姿を現したり、カラスが飛んだりと
なかなか賑やかで飽きることはない。
まだ葉はつけてないが、水柳と呼ばれる柳の木もたくさん生えていた。
焼かれた葦原からは、もう新しい緑色の芽が吹き出していた。
田んぼの土手に沿った水路には桜並木があり、土手には菜の花が咲いていた。
あまりののどかさにうつらうつらとまどろんでしまうほど。贅沢な時間。至福のときが流れる。
水面

水郷めぐりの後は、町並みを見ながら散策したいところだったが、悲しいかなバスの便が悪くて
早めに宿へと向かった。琵琶湖を眺めながら温泉に浸かった後は、夜の宴会へと移って
楽しい夜を過ごした。
23 : 32 : 40 | | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
一泊旅行
2008 / 01 / 13 ( Sun )
ようやく、やっとの2008年第1稿。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて、昨年12月は恒例のクリスマスパーティに参加できなかったので
年明けに一泊で南信州のペンションに行ってきました。
この時期にしては珍しく大晦日、元旦と寒い日が続いて
霙交じりの雪もちらちらしたほど。
さすがに今回はチェーンが必要だろうということで
5年前に買っただけで日の目を見てなかったタイヤチェーンも使いました。
高速道路は大丈夫だったけど、やっぱり下道の裏通りとか標高の高いところはね。

幸い降雪後の上天気で、二日とも快晴。
アルプス
ペンション近くの農道より中央アルプスを望む

川
ペンションの側の川。夏はドウドウと音を轟かせているけど今はこの通り。

二日目なんか防寒対策ばっちりで子供の相手してたら
汗だくになりました。うっかり忘れてた紫外線対策。義母に借りてきて正解。
お肌はかろうじて守られたと思われます(^^;)

1日目は隣町の小さな小さなスキー場へそり遊びに行ってみました。
そり
結構スピード感出てるでしょ?

ひーくんにとっては初めてのふかふかの新雪。
新雪

ブーツもジャンパーもおニューです。
ブーツは11月に東北旅行に備えて買ったもの。ジャンパーは年末にいつものスーパーで
30%オフになってたこともあり急遽購入したもの。
結果、ブーツの方がジャンパーより高いのだ~(^^;)
何かと好みのうるさいひーくんだが、両方ともお気に入りになったようで
ハハはうれしい。
後は、やっぱりズボンもいりますな。今まではそり遊びも大してやらなかったし
まだいいかと思ってたけど。

ついにひーくんスキー初体験しました
いや、まさか本当にやるとは思っても見ませんでした。
だってね、カヌーに乗ろうと誘ったらライフジャケット着るのがいやだというやつですよ?
スキーするために、硬くて重くてしかも歩きにくいブーツを履くなんて、ね?
それが、そり専用ゲレンデのベルトコンベアーでゆっくり斜面を登っていく間に
隣の斜面を滑っているおにいちゃんおねえちゃんなどなどを見ているうちに
やってみたくなったらしい。
30分ほどそり遊びした後、急にスキーしたい、すると言い出したのです。
もちろん、本当にやるの?と念押ししました。
ブーツ履いた途端、やっぱりやらないなんて言われたくなかったので(--;)
が、きっぱり「やる!」というので、レンタルしましたともさ。
スキー
斜面を下ってたはずが上へ回り込んでしまった図
ひーくん燃えました。がんばりました。
飲むのも食べるのも忘れて朝からかれこれ1時間半。
わたしもだんなも汗だくでした。
何回かもういいんじゃない?と聞いても「まだやる」と一言。
うーむ。侮れん。
01 : 09 : 44 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休み4から5日目
2007 / 10 / 06 ( Sat )
高知では今回もGWに初めて泊まったビジネスホテルに泊まった。
だんなはおいしい朝食がタダで食べ放題というのにすっかり嵌っている(--;)
わたしはそこそこにして、ササロハカフェへ連れて行ってもらい、この夏から始まった
モーニングセットを頂いた。
ここはうっちゃんにもらった高知のカフェガイドに載っててGWに初めて行ったお店だ。
長屋のような建物のお好み焼き屋と魚屋に挟まれた間口2間ほどのほんとに小さなお店だが
マクロビ的なランチやドリンク、デザート。彼女が推奨する人にも環境に優しい品も
扱っている。無理をしない、自然体のカフェには等身大の彼女が表現されてるように思う。
そんな彼女は結構大柄で体格もよく南国系の顔立ちで、一見藤原紀香を髣髴とさせる(^o^)
ササロハさんには連絡しないまま行ってしまったので驚かれてしまったが、突然の訪問を喜んでくださった。
話は尽きないまま、遊びたがるひーくんとじっとしてるのが苦手なだんなに
またしてもせかされて、バタバタと走り去った。
今度行くときはゆっくり時間を取って、子供は近くの公園で遊ばせてもらっておくことにしよう、
と決意を新たにした。

大岐の浜

後は、窪川で昼食と元気酵素風呂、宿毛と土佐清水を回って、8時直前、大岐の浜到着。
かろうじて温泉が閉まる前に間に合った。



続きを読む
22 : 49 : 58 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休み3日目
2007 / 09 / 18 ( Tue )
眠たい目をこすりながらよろよろと階段を下りていくと、すでにだんなが朝ごはん作りに
取り掛かろうとしていた。
慣れない合同買出しで肉も野菜も結構余っていたので、うっちゃんと二人冷蔵庫から
取り出して、あぁまだこんなにあるよ!と言って渡す。
それでも、たっぷりの野菜で味の濃い肉類をなんとか抑えて、ボリュームのある朝食になった。
雨は降ってないものの相変わらず濃い霧に覆われて視界は開けない。
せっかくの景色も今回は見ることができなかった。
霧森
去年の夏の霧の森高原

晴れていれば人工芝でそり遊びができるのだが、この天気だから濡れてそうだ。
管理棟の入り口にちょうどマウンテンバイクが2台置いてあったのを子供たちが見つけて
乗りたいと言い出したので、借りることにした。
ツーリングコースを走らせるわけにも行かないので、誰も居ないテントサイトの道で
ひとしきり走り回った。
Kくんひーくん

この日は、じりじりと照りつける太陽の下で子供たちは遊び、親は木陰で暑さに
耐えつつ、ゆるゆると過ごし、昼ごはんにまたうどん屋へ行き、山のふもとに戻った。
銭型仲良し
<寛永通宝の銭形>        <仲良しの子供たち>
河原へ行って遊んだ。今日は下界はよく晴れてもう夏の暑さ。
わたしも川へ入った。
ズボンをたくし上げて、川登りの真似事をしたり、魚とりをしたり、、、
うっちゃんが持ってきてくれた小玉スイカでスイカ割りを楽しんだ後、川から上がった。
親子ムシャムシャ
残念ながらこの日は温泉は休業日だったので、高知へと向かった。
いい時間になったので、結局夕食も一緒に回転寿司で食べてうっちゃんファミリーと別れた。

うっちゃんのダーリンはうどんが好きということで、うちのだんなのうどん屋ハシゴの案にも
快く乗ってもらえてよかったっす(^^;)
1件目は公園へ行く前、午前中のおやつタイムに。2件目はお昼。
なので、みんなそれなりにしっかり一人前食べました。
子供たちも仲良くて、Kくんは一緒に車に乗りたいと言って、途中はずっとうちの車に
一緒に乗っていた。なのに、ひーくんと来たらまだ恥ずかしいのか、この夏お気に入りの
し○じろうのCDばっかり聞いていた。で、わたしがもっぱらKくんと話していた。

うっちゃん、Kくん、ダーリン、楽しい旅行をありがとうー!




23 : 59 : 57 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。