スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
年の瀬
2006 / 12 / 28 ( Thu )
クリスマスが一夜明ければもう年の瀬。
時間がいつもの倍以上の速度で過ぎるときだ。
そのくせ自分の仕事はのんびりモードなのでいまいち感覚がずれている。。。
そんなこと思ってたら子供の風邪をもらってしまった。

年末は溜まってしまっている食材を何とか料理してしまうことと
年賀状を書くのが課題だ。
それと年明けに子供と2人でいくディズニーリゾートの攻略計画を立てること。
掃除は二の次。いや三の次。。。すでに諦めモード。

30日から後はもう流れに身を任せてリフレーッシュ!
そのためにも、明日中に体調を復活させるぞ。
もうカウントダウンは始まっているのだ!!

ともあれ、この1年も無事に過ごせたことに感謝です。
皆さんも忙しい年の瀬をお過ごしのことでしょう。
良い年をお迎えください。
来年もまたよろしくお頼申します。m(_ _)m

次回更新は新年明けて1週間くらいたってからになるでしょう。
スポンサーサイト
23 : 28 : 56 | その他 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
メリークリスマス
2006 / 12 / 25 ( Mon )
今日は夜、家族3人ですぐ近くのイタメシチェーン店で食事した。
1ヶ月ほど前に、わたしが夕食を不精して子供と二人で行った店なんだけど
コドモはそれはそれは楽しかったらしく、それ以来毎日のように
その店に行きたがってたのだ。
最初はだだをこねてたのを、あそこはお父さんもお母さんも晩御飯の用意が
できなかったときに行くところだから、と苦しい言い訳をしてた。
クリスマスが近づいて、これを機会に連れて行ってやれば、気も納まるかと思って。

朝は枕元のプレゼントを見つけて、登園が遅れたのではと思ってたけど
夜、わたしと一緒に開けるということでいつも通りに出かけたらしい。
ばぁばサンタからのプレゼントは手紙付きでムシキングのクワガタ(電線付きのリモコン)
くわがた

「朝起きたらサンタさんからプレゼントあった!」とそれはそれはうれしそうな顔で言ってて
見てるこちらも幸せを感じちゃった。

絵本のプレゼントは結局「急行「北極号」」と「おおきいツリー ちいさいツリー」になった。
昼休みに北極号を買いに行ったら、クリスマスコーナーの絵本がすっかり少なくなっていて
一瞬売り切れたかと焦った。2冊残っててセーフ。
急行「北極号」 急行「北極号」
Chris Van Allsburg、クリス・ヴァン・オールズバーグ 他 (2003/11/10)
あすなろ書房

この商品の詳細を見る

文章もストーリーもとても良かった。サンタさんからもらったトナカイの首に付いていた鈴は子供の頃の純粋に信じる心の象徴。
子供の頃にははっきりと美しく聞こえた鈴の音が、妹も友達も大人になるに連れて
聞こえなくなってしまった。でも、「ぼく」は言う。

  ぼくはすっかりおとなになってしまったけれど、鈴の音はまだ耳に届く。
  心から信じていれば、その音はちゃんと聞こえるんだよ。

子供は汽車に釘付けになってしまって、汽車が描かれてないページが続くと
飽きてしまったみたい(T_T)
まぁ、内容が内容だから、3歳児にはまだちょっと早かったというか、2歳くらいの
まだお話をひたすら聞いている時期の方がじっくり聞くかも。
そうでなければ、5歳以上くらいからかな。

おおきいツリー ちいさいツリー おおきいツリー ちいさいツリー
ロバート バリー (2000/10)
大日本図書

この商品の詳細を見る

これも一応読んだんだけど、いまいち反応鈍かったのは眠かったからか
他のプラレールやクワガタのおもちゃに気を取られてしまってたからかなぁ。
23 : 00 : 02 | イベント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
クリスマスイブ
2006 / 12 / 24 ( Sun )
クリスマスケーキ


今日は午前中はだんなに子供を連れ出してもらって押入れのお掃除をしました。
その間にばぁばから「サンタさんのプレゼント」が到着。
しかもサンタさんからのお手紙付きです。
それと注文していたクリスマスケーキ。

夕方、散歩から帰って、昨日もらってまだ開けてなかった包みを開けてみると
あぁ・・・今回はないと思っていたのだが、もらってしまったプラレール。
いや、いいんですが。コドモはわぁ!!と歓声をあげて大喜び。
早速、組み立てて遊びました。

昨日もらったプレゼントの数々。
ブロック



つばめ



パズル


夜は食後にクリスマスケーキを食べました。
どうもチョコレート系が好きだということがわかったので
チョコレートのクリスマスケーキにしたんですが、わたしが写真を取る間も
「もう食べていい?これ食べていい?」と手がでるので、それを阻止しつつ撮りました。
で、結局飾りが欲しかったみたいで、サンタも雪だるまも家も取って
ケーキは半分くらいしか食べませんでした。さすがに甘くて胸焼けしたんじゃないかな。
鼻血を出すんじゃないかとちょっと心配しました。

それにしてもおもちゃ増えすぎ!
こまごましたものは整理しなきゃぁ。。。
23 : 59 : 00 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ジャンジャジャーン!
2006 / 12 / 23 ( Sat )
玄関


飾り


本舗初公開、我が家のクリスマス飾り。
初めてのデジカメ写真を取り込んで載せてみました。
まだ使いたてで色が飛んだりピントがあってなかったりするので
一応画像編集しました。

そして、今日はわたしのおばさんの家で、年に1度のふぐ三昧の
クリスマスパーティでした。
去年は行けなかったんですが、今年はうまく都合があったのでお呼ばれしてきました。
そう、ご招待です。一応手土産にメロン2個を引っさげて行きましたし、
おばさんの孫たちへの選び抜いた絵本のプレゼントも持っていきました。

メンバーはおばさん以下従姉妹の家族2組(計9人)、弟家族4人、自分ち3人。
そのうち子供たちは小学1年生2人、3歳4人、2歳1人。
託児所状態です。日中はみんな外で遊んでました。
おばさんたちの大きくてカラフルな傘を8本ほど開いて、囲って家を作ったり
引きずって歩いたり・・・三輪車に乗ったり、小1の女の子は上手にローラースケートを
やってました。傘をさしながら。

大人はふぐを囲んで宴会状態です。
突き出しはふぐの皮と身の一番おいしいところ少しと白子と細ねぎを和えたもの。
あ、画像がなくてごめんなさい。もうおなかもすいてたし、興奮してそれどころではなくて。。。
それから、てっさ。皮と身の網焼き。白子。てっちり。
皮の網焼きは絶品でした。香ばしくてこりこりしてて、いやぁうまかったっす。
ふぐの白子も初体験でした。温泉卵のような食感で、ねっとり感は少なくて
さっぱりしてておいしかったです。
てっさも網焼きも「もっとどう?」と聞かれるほどたくさんあって、てっちり用に野菜もたくさん
刻んであったけど、結局誰もそこまで手が出ず。ふぐだけでお腹一杯になるという贅沢。
ご飯ものは巻き寿司の盛り合わせと雑炊。てっちりの後はもちろん雑炊でしめました。
そうそう、ヒレ酒もいただきました。こちらも久々の日本酒。
最初はちびちびでしたが、しばらくすると、もうお茶のような感覚で飲んでましたわ(^^;)
とはいえ、湯のみに半分くらいですのよ。ほほほほほ。
ヒレ酒以前にシャンパンでかなりよっぱらってました。結構きついのを3種類ほどいただいて
ましたし。ワインまでは飲めませんでした。<って十分だよ!(自分)

楽しく歓談しながら時は過ぎ、次はケーキ&コーヒー&プレゼント交換タイム。
別腹とはいえ、さすがにちょっときつかったです。でもケーキが人数の割りに
たった一つで、16分割されたのでちょうどよかったと思います。
外は生クリームで飾ってあるけど、中はガトーショコラになっていて
このガトーショコラがまたとーーーってもおいしかったです。
これもケーキだけの写真がなくてすんまそん。
クリスマスプレゼントは自分とこ以外の子供たちの分を用意して渡します。
うちの子はおもちゃを3つも頂きました。かなりかさ高かったです。
絵本のプレゼントが一番安上がりだと確信しました(^^;)
いえ、あくまで気持ちですから~
「パズル」と「わたしのワンピース」はとても喜ばれました。
「ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス」は早速読んでましたが
見てるとやはり一年生だと読むのがまだたどたどしくて、字面を追うのに
一生懸命になってしまって、いまいち楽しみにくい感じでした。

ケーキがなくなると子供たちはまた各自もらったおもちゃをあけて
取り合いしながら遊び始めました。
すると、おばさんが小さな声で「ちょっとまだお菓子食べられる?」と聞くので
「えー、さすがにもう・・・」といいつつ「なんですか?」と聞くと(断らんのかい!)
叔母「末富さんのおいしいお菓子があるのよ」
私「いただきます!」
末富といえば、京都の有名な和菓子の老舗。そのうまさはお墨付き。
さすがにお高いので、叔母も「これは大人だけよ」とこっそり出してくださった。
わたしはきんとんが好きなので、迷わずきんとんを選んだのですが、
それがこちら↓・・・
飾り


ピンボケですが、ちゃんとクリスマスバージョンしてて感動しました。
抹茶味もありました。

そんなわけで、1時ごろから始まった宴会は夜7時にようやくお開きとなりました。
え?晩御飯?さすがに食べてません。
というか、一応ご飯だけは炊いてあったので、帰ってから軽く一杯お茶漬けを
食べただけです。

賑やかで楽しい宴でした。
ありがとうございました。
みなさんにもちょっとは臨場感をお伝えすることができたでせうか?
23 : 46 : 20 | その他 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
クリスマスプレゼントの絵本選び
2006 / 12 / 22 ( Fri )
クリスマスにいとことの子供たちに贈るプレゼント選びも佳境です。
約2週間の間にいろいろと情報収集しつつ、本屋で見て回りました。
残ってるのは、3歳の甥っ子への絵本。
うちの子と同じく電車や乗り物は大好きなのですが、クリスマスの絵本は
持ってないってことで、ジャンルとしてはクリスマスに決まりました。
あと、自分の子供にも選べてないです。

6歳の男の子に選んだのは「パズル」
パズル / ブライアン・ワイルドスミス
候補はたくさんあって、最初は「アリからみると」にしようかなとも思ってました。
虫が好きみたいだったし、おもしろいと思ってくれるかなと思って。
でも、クリスマスプレゼントだし、もう少し雰囲気のあるものがいいかなと迷って
「ミロとまほうのいし」にしようと決めて店に行ったら、「お取り寄せになります」ダメじゃん!
ってことで、見つけた「パズル」の絵本。大きくてカラフルで楽しそうだったのでこれにしました。


6歳の女の子に選んだのは「ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス」
ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス
ジャネット アルバーグ、アラン アルバーグ 他 (1992/10)
文化出版局

この商品の詳細を見る
中身が楽しいだけに、読むほうも気合がいりそうな絵本。
6歳ならとりあえず自分で読むこともできるし、つきっきりになることは免れるだろうという
親御さんへの言い訳。。。でも案外持ってたりして・・・


3歳の女の子Aちゃんに選んだのは「まっくろネリノ」
まっくろネリノ まっくろネリノ
ヘルガ=ガルラー、やがわ すみこ 他 (1973/01)
偕成社

この商品の詳細を見る

6歳のお姉ちゃんとは全く正反対の雰囲気を持つ彼女。会ったこともあまりないので
独断と偏見で選んでしまいました。
クリスマスプレゼントなのに黒い表紙でいいのか?なんて、ちょっと考えちゃってます。
別にいいかなと思いつつ。。。
もう一つ「あおくんときいろちゃん」にしようかとも思ってたんだけどちょっと抽象的かなーなんて思って。


3歳の女の子Bちゃんに選んだのは「わたしのワンピース」
わたしのワンピース わたしのワンピース
にしまき かやこ (1969/12)
こぐま社

この商品の詳細を見る

これはもう素直にかわいくてきれいで喜んでくれるかなーと思って選びました。


2歳の姪っ子に選んだのはブルーナの「クリスマスってなあに」
クリスマスって なあに クリスマスって なあに
ディック=ブルーナ、ふなざき やすこ 他 (1982/10)
講談社

この商品の詳細を見る

まだ2歳ではクリスマスと言ってみんながはしゃいでもよくわかってないと思う。
そんな無垢な彼女には優しくてわかりやすいブルーナの絵本にしました。


いやぁ、悩みます。
で、3歳の甥っ子へのプレゼント候補は「よるくまクリスマスのまえのよる」
「ねずみくんのクリスマス」「おおきいツリー ちいさいツリー」というところかな。
おおきいツリー ちいさいツリー おおきいツリー ちいさいツリー
ロバート バリー (2000/10)
大日本図書

この商品の詳細を見る



うちの子には、偶然見つけたんだけど「急行「北極号」」がいいかもしれない。
急行「北極号」 急行「北極号」
Chris Van Allsburg、クリス・ヴァン・オールズバーグ 他 (2003/11/10)
あすなろ書房

この商品の詳細を見る

他にはおもしろそうなところで「クリスマスオールスター」
クリスマス・オールスター クリスマス・オールスター
村上 康成、中川 ひろたか 他 (1997/10)
童心社

この商品の詳細を見る


刺繍の絵がかわいい「サンタさんありがとう-ちいさなクリスマスのものがたり」
サンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたり サンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたり
長尾 玲子 (1998/10)
福音館書店

この商品の詳細を見る


「ジョニーのクリスマス」やまだうたこ
「ジェイクのクリスマス」葉 祥明

さーてさてさて、どうしよっかなー(^-^)

たとえば・・・
世界でたった一つのオリジナル絵本を贈り物に!


20 : 18 : 15 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
前倒しの行事
2006 / 12 / 21 ( Thu )
12月はどこも師走で忙しい。
そのせいか保育園の行事も前倒し。
15日にクリスマス会&お誕生日会をやって、翌週20日にはお餅つき。
どちらも保護者参加歓迎の行事なのだが、今年はお餅つきの日に行ってみた。
これは、わたしが単につき立てのお餅を食べたかったからでもある。ホホホ・・・

9時半までに来て下さいということだったが、朝はしっかり8時まで寝てしまったので
バタバタとコドモをせかしながら出かけた。
餅つきはすでに始まっていて、男の先生方が一生懸命杵を振り下ろしているのを
周囲に用意された長いすに園児がお行儀よく座ってみていた。
全員いっぺんに見ることはできないので、あらかじめ時間ごとに見学するクラスは
決められている。そして、5歳児だけは小さな杵で実際にお餅をつくことができるのだ。
一人10回ずつ。どうやら全員にさせるようだから、先生も大変だ。
そうして搗きあがった餅はホールに持っていかれ、用意された台の上で
先生や親が一口大に餅をちぎって子供たちに丸めてもらうようになっている。
子供は餅を小さくちぎってしまったり、俵型にしたり、ぺたんこにしたりといろいろやる。
丸めた餅はそれぞれ小皿に入れて先生のところへ持って行って黄な粉をつけて貰って食べる。
もちろん親もお相伴できる。子供たちは1個だけど親には2,3個入れて先生が持ってきてくれた。
いやぁ、やっぱり搗きたてのお餅はおいしいなぁ!
今となっては杵搗き餅は希少。ましてや搗きたてを食べられることはまずないもんね。
お餅をちぎる作業なんかやったのは本当に久しぶりだった。
ちなみに餅つき担当の先生方はお昼まで搗いておられた。お疲れ様です。。。

お餅を食べた後は遊戯室で昼までリズム運動などで体を動かした。
そして昼食にもお餅。この日の給食は澄まし汁のお雑煮とフランクフルトとみかん。
なんとも変な取り合わせだが、お餅がご飯の変わりだから仕方あるまい。
あらかじめ頼んでおけば親も200円で一緒に食べられる。
薄い味付けで大根、人参、ほうれん草と鳴門かまぼこ、それにきれいに成形されたお餅。
大人は普通サイズのお椀にお餅2個。
子供も大人もお代わり自由。
ご飯が終わるとお昼寝タイムになるので、子供を残して帰った。

それにしても、普段一緒に保育園に行く機会がなくなったので
こうして行事に参加した日には、子供はもうべったり。ひっつきまくり甘えまくりで
参るやらうれしいやら。。。満面の笑みでもうわたしだけを見ている。恥ずかしいくらいだ。
帰り際はやはり知らないうちに消えないと、見つかったらもうすがりついての号泣。
先生、すみません(><)
楽しいひとときでした。
23 : 55 : 50 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
デジカメ入手!
2006 / 12 / 20 ( Wed )
ついに、 とうとう デジカメ を購入しました。

型落ちらしいけど、機能としては十分だと思って。
会社の近くのカメラ屋でもう少し安くで売ってたんだけど
今日、近くの量販店へ行ったら同じくらいの値段で最後の1個が
特価になっていたので買ってしまいました。
こちら→http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf30/

いやぁ、長い道のりっつうか、やっとです。
今まではあまり必要性も感じなかったけど、さすがに子供の写真とか
ましてやパソコンへの取り込みを始めたら普通のカメラだけでは
物足りなくなってしまいました。

がしかし、いざ使おうと思うと、充電しなきゃなんないし
PCに取り込もうとするとソフトをインストールしたりなど
なかなかすぐには使わせてもらえない状況です。
というわけで、写真のアップはもうしばらくできそうにないのが残念。
休みの日に作業をがんばってみます。

23 : 02 : 30 | その他 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
クリスマスパーティPART1
2006 / 12 / 19 ( Tue )
行ってきました、信州でのパーティ。
今年はなんと参加者がほとんどおらず、オーナー家族を含む3家族と
男性一人、アルバイトの女の子一人という、もろホームパーティでした。
4時半ごろ到着すると、車もバイクも一台も止まってないので
自分ちだけかと思ってしまったよ。

人数が少ないので、初めてテーブルを1つに集めてのパーティとなった。
お料理は、ミンチがたっぷり詰まったロールキャベツ、サラダ、カナッペ
七面鳥の変わりにチキンの丸焼き2羽、おにぎり、コロッケ5種、トマトスープ。
シャンパンで乾杯・・・だが、今回は飲める人が4人だけ。なめるだけの人が2人。
後はジュースとかで乾杯した。
歓談しながら楽しくおいしく食べました。トマトスープがほどよい酸味でおいしかったなぁ。
お腹いっぱいだから、そんなに飲めないなーと思ってたら3杯いきましたわ。もうお腹ぱんぱん!!

食事の片付けが終わってケーキのデコレーションが終わると
食後のティータイム&プレゼント交換。
今年のケーキはクリームもたっぷりのいちごケーキ2台でした。
コドモはまたしてもいちごだけ残してた。なんでだろ?
ケーキが甘すぎでいちごがまずいと思うのかな。
わたしはケーキの甘みといちごの酸味がマッチしてて
好きなんだけどなー。
甘いもの別腹でしっかり食べたけど、一人に2切れずつもあった。

いつもはプレゼントに番号をつけて、同じ番号のトランプカードを抜き出しておいて
順番にトランプカードを引くんだけど、今回は人数が少なくて
自分の持ってきたプレゼントを引き当てる確率が高くなってしまう。
ということで、プレゼントをもらう順番をトランプカードで決めることになった。
うちのコドモが1番最初になったのだが、例の豆腐クッションが気に入ってたので
それを選ぼうとした。そこでわたしがそれは持ってきたやつだから他のにしようと言ってると
誰かがもっと大きい、一番大きいのを選んだら、と言ったので、そうそう一番大きいのにしよう!
コドモはその言葉に大きくうなずいて一番大きいのをもらった。
中身はミフィーちゃんの目覚まし時計。でかい!直径20cmくらいの巨大な目覚まし。
時計の上にベルがついていてジリジリジリ・・・・と鳴るあれ。
わたしはチョコレートのカップケーキに見立てたハンドタオル。
上にはサンタといちごのオーナメントがついてたけど、遠くから見るとほんとにケーキみたいだった。

久しぶりに女友達といろいろ話せて楽しかった。
夜はなんやかやと2時半ごろまで起きていた。
友達のところの小学1年の男の子がハリーポッターのDVDを見ていたのを
コドモも一緒になって見ていた。わたしも初めて見た。
コドモはこわがりなくせに、人の顔が変形していったり、おどろおどろしいものが
突然出てくるというのに、案外平気で見ていた。
わたしは気持ち悪いのとかは苦手・・・
ハリポタって結構ストーリーも込み入ってて難しいんだね。
コドモは人の顔が変形するのを見て「へんなかおぉー!」なんて言ってたので
捉え方がまた違うのかな。結局、眠いながらも10時半ごろまで起きていた。
抱っこするともうくったりとわたしの肩によりかかって目を閉じてたのに
部屋に入った途端、持っていっていた絵本を5冊読まされた(--;)
このがんばりようって一体・・・

今回は夜更かしが応えたのか、翌日は頭がぼーっとして
朝食でお腹が一杯になっても胃が活動してないみたいに
どーんと重くなって辛かった。いかんなー。
そんなこと思いながらも、お昼は友達に教えてもらった五平餅のおいしいお店へ
行ってざるそばと五平餅をたっぷり食べた。
相変わらず食い意地はってますー。

ちなみにコドモ、目覚まし時計を鳴らしては喜んでたので、それがなるようにセットしました。
昨晩は寝るときに、これは自分の時計といって枕元に置きました。
(写真がないのが残念。後日できあがったらアップします。<いつだ^^?)


09 : 14 : 14 | | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
野菜の宅配
2006 / 12 / 18 ( Mon )
<野菜セットS>
葉つき大根 1本、ほうれん草 1束、赤カブ 3個、カブ 3個、サニーレタス 1個
小松菜 1束、じゃがいも 1p、里芋 1p、さつまいも 2本
<果物>
みかん

今年初めての赤カブ。去年もこれをどう料理したものかと悩んだ赤カブ。
やっぱりボルシチだろうか?あるいは酢漬け。
ボルシチは本来「テーブルビーツ」という根菜を使うのだそうだが
赤カブがその代用品になるようだ。
大人のこぶし大もある赤カブ3個。どーしよー・・・

果物は今みかんがあふれている。
さらにだんなの実家からりんごと柿、隣の奥さんからもりんごをもらった。ありがたいなー。

週末、クリスマスパーティの帰りにだんなの実家へ寄ったとき
ゆずの皮の甘煮を食べさせてもらったら、あーららららら
不思議不思議。苦いのにおいしい。
ついつい食べてしまうおいしさ新発見(^o^)
義母曰く、100個ぐらい剥いて搾ってゆでて大変だったけど
そんなに喜んでくれるなら作った甲斐があったと喜ばれた。

作り方を聞いてみるとざっとこんな感じ。。。
1.ゆずを剥く
2.実はもったいないので絞る
3.皮は短冊に切ってゆで、よく水を切る。
4.絞り汁に焼酎を加えてアルコールを飛ばし、砂糖やはちみつで甘くする。
5.3の皮を加えてことことと煮る。

いわゆるマーマレードっていうのは苦手なんだけど、なぜかこれはおいしいと思った。
やっぱり酸味があるからかなぁ。
風邪の予防にもいいようで、そのまま食べるも良し、お湯で割ってゆずジュースのように
飲んでも体が温まっておいしかった。
もうすぐ冬至。今朝は比良山も白くなっていた。
寒くなったし、これは毎日食べようかな。
23 : 21 : 42 | 宅配 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
500円のプレゼント
2006 / 12 / 16 ( Sat )
毎年、この時期は信州のペンションに昔のバイク仲間が集まって
クリスマスパーティがある。
参加する人は必ず500円分のプレゼントを持ってくるのが恒例だ。
パーティーのときにテーブルに全員のプレゼントを並べておいて
食後にくじ引きをしてプレゼントをもらう。

500円というのは物価に関わらず、ずーっと昔から500円だ。
人にあげたりもらったりしても負担の少ない額だと思う。
が、500円の物って結構難しい。
もちろん、だんなが言う様に、受け狙いで
タワシや洗剤なんかをプレゼントらしく包んで
もらった人がガックリするのを見て楽しむという悪趣味もありなんだけど。
せっかく自分もなにがしかのものをもらうんだし
受け狙いとわかってても、もし自分がそれに当たったらやっぱりガックリくるから
わたしはそういうのは好きじゃない。

昔は500円に悩んだ。
ちょっとした小物でもそれなりの値段がして、一体どこを探せば500円のものが
買えるだろうかと思ったもんだ。
クリスマスのオーナメントとか、紅茶のミニ缶とか、クッキーとか・・・
今は100均もあれば3コインというのもある。
そういうところで、小物を買い揃えてセットにするのも楽しいかもしれない。

さて、今年もパーティが間近に迫ったので、プレゼントを買いに行った。
自分でデコレーションする余裕はないので、100均はパス。
MAMAIKUKOというお気に入りの雑貨屋さんと、別の雑貨屋さん。
どちらも大型スーパーの中にあって重宝しているところだ。
MAMAIKUKOでは、おされ(幼児語、おしゃれの意)なものが揃っている。
が、500円となるとちょっときつかった。
お猪口サイズのクリスマスキャンドル1個でも580円。
シンプルでも大きくなれば600円代など。
カラフルな入浴剤も単品なら480円だけど、ちょっとしょーもないしな。
もう1件の雑貨屋はカラフルな品揃え。ユニークなものも置いていて値段は大体1000円まで。
ここで今回見つけたおもしろいもの。
なんと豆腐をモチーフにしたクッション。それに箸置き、携帯ストラップなど。
豆腐に顔が描いてある。色は白、黄色(ゆず豆腐)、草色(抹茶豆腐)、灰色(ゴマ豆腐)という具合。
かわいい足までついている。
一辺20cmくらいの小さいそのクッションがちょうど525円だった。
なんと検索して初めて知ったが、この雑貨屋さんWebがあったんだ。
http://www.passport.co.jp/okaimono/
はんなり豆腐シリーズはオリジナル商品らしい。
ここではカエルやあひるの顔が蓋になったダストボックスもかわいい。
板を組み合わせて作ったミニツリーとか。

こんな風に見てると、結構500円でいろいろ買える。
昔悩んでたのが嘘のよう。
やっぱりプレゼント選びは楽しいな。
ほんとはラッピングも好き。どんな風にしようかって考えると
楽しくなっちゃうなー。
01 : 03 : 27 | その他 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
即席いちごケーキ?!
2006 / 12 / 15 ( Fri )
のはらでいただきます―ごちそうえほん のはらでいただきます―ごちそうえほん
つちだ よしはる (1997/06)
小峰書店

この商品の詳細を見る


少し前、図書館で借りてきた本の中にこんなのがあった。
淡く柔らかいタッチの絵で、森の動物たちが自分ちの畑で採れた材料を使って
さまざまな手料理を作る。
ねこさんのうちではべりー。ベリーアイス、ベリータルトにベリーババロアなど5種類くらい。
きつねさんのうちではトマト。トマトとチーズのピザ、トマトスパゲティ、スタッフドトマト、トマトサラダ、トマトジュース。くまさんのうちではじゃがいも。フライドポテトに肉じゃが、ポテトグラタン、ベイクドポテト、ポテトサラダ。
最後にそれらを野原の真ん中に持ち寄って、みんなでテーブルを囲んで
いただきまーす!といういたって単純でほのぼのした絵本。
かばさんちのスイカのパンチ以外は、みんな5~6品人数分作ってるところがすごいと思う。

もちろん、いちごを作ってるおうちもあって、イチゴのケーキというのがあった。
そう、言わずと知れたショートケーキだ。
たぶん、それを見て「いちごのケーキが食べたい」と思っていたんだろう。
クリスマスが近づき、クリスマスケーキが出回る中、
ハウスもののいちごも出回っている。
一緒に買い物に行ったときにいちごが食べたいというので買って帰って
食後に出そうとすると
「いらん」
「へ?どうして?せっかく買ってきたのに・・・!」
「いちごケーキ作って」
「・・・・・いちごケーキはそんなすぐに作れへんし、むつかしいねん。また今度な」とお茶を濁す。

その次の日も言われた。むー、なんかいい方法はないもんか。
安易に買ってくるのももったいないし、家で作るにしても平日は無理。
大体自慢じゃないけどスポンジケーキも作ったことがないんだから!

そこで閃いた。ホットケーキ!!
ホットケーキに生クリームといちごを挟めば、ショートケーキにはほど遠いけど
一応”いちごのケーキ”じゃん(^O^)
これだ!と思って、夕食後、わざわざ生クリームを買いに行った。

まず、生クリームを泡立てる。ほんとはやりたくない作業。
うちにはハンドミキサーなんてないのだ。
手が疲れる。時間がかかる。。。。。
コドモは見ているそばから、もう待ちきれず
「ちょっとなめていい?」と言っては、クリームを指にたっぷりとってなめる。(おぃおぃ。)
しまいに「もういい」なんて言う。(そりゃないで、ここまでできてんのに)
やっと生クリームに角がたつくらいになったので、ホットケーキを作る。
ここでもコドモは粉に牛乳をまぜただけの生状態のドロドロをなめる。(コラコラ)
ホットケーキが一枚できて、お皿に入れるともうかじってるしー(--;)ちょっと待ってよぅ
仕方ないので、生クリームをその上にたっぷり塗って、いちごを4つに切ったのを
適当にのせてやったら、もうそれだけで喜んで食べてくれた。(ほっ)
残りの1枚は結局、わたしが同じようにして食べた。
ショートケーキでなくても、このほどよい甘さの生地と生クリームといちごのコンビネーションが
味わえただけで、わたしとしても、いと満足(^-^)v
00 : 10 : 19 | お菓子とパン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
かるた
2006 / 12 / 14 ( Thu )
休日、ブログを作ってみたはいいが、テンプレートを修正したくても
いまひとつ要領を得なくて、もやもやしていた。
子供を連れて行ったらねだられることは自明だったんだけど
些細なことでもやもやしてるのが嫌で、近くの本屋で探してみることにした。

大して種類はないとわかっている本屋で、しばしあれこれと見て迷っていると
案の定、「ひーの好きな絵本買ってー。ひーの好きな本が置いてあるとこ行こー」

絵本コーナーにはクリスマス関連の絵本がずらり。
その中の1つ2つを選んで要求されるままにざっと読んで
どれがいいのかなーと思っていた。
するとおもむろにコーナーの一角にかるたを見つけて
かるたがいいと言い出した。

しかも、それは「もったいないばあさん」のかるた!
へー!こんなのがあるんやぁ・・・で、これ?!ほんまに?


もったいないばあさんかるた もったいないばあさんかるた
真珠 まりこ (2006/11)
講談社
この商品の詳細を見る


まさか、かるたが欲しいと言われるとは想定外。
もし買うならこれ↓

にほんごであそぼ いろはかるた にほんごであそぼ いろはかるた
()
エンスカイ
この商品の詳細を見る


もしくは

へんてこかるた へんてこかるた
石津 ちひろ (2004/12)
小学館

この商品の詳細を見る


にしようと、勝手に思ってたのに・・・

いや別にいいんだけどね。。。なんでだろう???

「もったいないばあさん」は随分前に保育園で借りてきた。
子ども自身、家でいつも何かにつけて「もったいないからやめなさい」って言われてるのに
わざわざなんでこれを選んできたのか不思議だった。
だから、今回もいいのかなー?飽きないかなー?とちょっと心配した。
結構、豪快なインパクトの強い絵も好きらしいので、それを考えれば
単に絵と雰囲気で選んだだけなのかもしれないけど。

わたしの心配をよそに、二晩続けてそのかるたで遊んだ。
最初から全部やるのはちょっと大変そうだったが、2回目になると
絵柄もわりと覚えていて楽しんでた。

内容は・・・
”うみをよごすのもったいない”
 ふむふむ
”こんなにのこしてもったいない”
 そうそう。
”さかなのほねもあげれば(揚げれば)おやつ”
 うちもさんまの骨だけは焼いて食べるしね。うんうん。
”やっぱりさいこうみかんぶろ”
 いいねー
”えどじだい もったいないこと なにもない”
 うーん、ちょっと難しいかも。
”つぼをおさないのもったいない”
 ちょっとムリを感じる・・・解説に「きもちいいよ」ってあるけど
 コドモにツボ押ししてもこそばがるか痛がるだけだよー(--;)
”ゆめのなかでも「もったいない」”
 えー、ちょっとそれいやかも(^^;)

思ったよりは楽しいかるたでよかった。(^-^)



01 : 00 : 35 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
クリスマスの準備?
2006 / 12 / 12 ( Tue )
クリスチャンでもなんでもなくても、クリスマスというのは
なんだか楽しい感じ、うれしい感じがして
なにもなくても「クリスマスだから・・・」と飾ってみたり
ケーキをどうしようかなと考えたり、プレゼントを用意したり。
そんな準備期間も楽しいこの師走の一ヶ月。

準備というほどのこともないが、
先日の押入れの整理ででてきたクリスマスの飾りから
よさそうなのをピックアップして、2,3個飾ってみた。
なかなかいい感じ。
玄関は暗いので目立たないんだけど、DKに入った正面の壁に1つ飾りを掛けた。
コドモが早速見つけて、「これ取って」
私「いやいや、これは飾りだからね、取らないの。見てるだけ。」

それと昔、多分最後に北海道にスノボに行った時に自分用に買った
手のひらサイズのガラスのミニツリーが出てきた。
きれいなのでキッチンボードの上に飾っていたら、やっぱり子供に取られた。
子供が積み木で作った家の隅にのせてある。
片付けるときは積み木と一緒に箱の中へ。。。(あーお願いだから割らないでね^^;)

やっぱり3歳のコドモにとっては、「飾って眺めるだけ」というのは
おもしろくないらしい。手に取って、触ってみて、使ってみて
初めておもしろいと思うんだろーなーと改めて納得。

最近のお気に入りの一つに蛸足ハンガーがある。
物干し用のかごから出してきては、逆さにして傘のようにしようとするし
(気持ちはわかるけど、ならへん、ならへん)
傘のようには開かないとわかると、なぜかそれをぶら下げて
鬼ごっこをする。もちろんわたしを相手に追いかける。
蛸足ハンガーを持ったコドモに追いかけられて
狭い6畳の間をぐるぐると走り回る図は我ながら滑稽だ。

まぁ、とにかくそんなわけでクリスマス気分も少しずつ盛り上がる。
休みの日にはスーパーの中の花屋さんで、苗サイズのポインセチアと
コニファーがラッピングされて398という安さだったので、思わず買ってしまった。
今年はコドモが喜ぶからというわけで、ケーキも注文済み。

ちまちまと飾っておくよりも、わさわさと自由に触れる大きいツリーの方が
案外いーかもしれないなぁ。場所取るのがなんだけどこの時期だけと思えば・・・
むー・・・(--;)ま、来年考えよう(^-^)
なんだかいつになく盛りだくさんなクリスマスになりそうで楽しみだなー。
23 : 05 : 49 | その他 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ちょっとスッキリ気分♪
2006 / 12 / 11 ( Mon )
ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
田村 明子、カレン・キングストン 他 (2002/04)
小学館
この商品の詳細を見る


師走だから、というわけではないんだけど押入れの整理を少しした。
2ヶ月ほど前にある本に出合い、早速ガラクタを処分しようと思い立ったのだ。
それが、最初一番気になるところを整理したまでは良かったが
その後は、子供の目を避けてやろうとするので結局まともには
なかなか手がつけられずにいた。

やっと出かける予定のない休日が巡ってきて、だんなの協力も得られたのだ。
休日に何かと出歩くパターンがすっかり定着してしまったのか
休みのたびに「今日はどこ行く?」というコドモ。
いつの間にか「今日は○○に行きたーい!・・・あ、やっぱり△△」などと
言うようになっていた(--;)
電車好きの彼は、この日も「電車乗りに行きたーい!」とのたまい
父親はコドモを電車に乗りに連れて行くことになった。

寝室の天袋にはオーディオが入っていた空箱とか、その他もろもろの
使わないものが入っていたのを、やっと出して空箱は一部は他のものを
整理するために使い、それ以外は潰して捨てられるようにした。

   空箱というのは、中身がないだけに、そのままにしておくと
   悪い気が溜まって、よくないらしい。
   まぁ、悪い気でなくても、気が滞ってしまうことには違いなく
   部屋の気が流れていない、循環しないことは自分にとっても
   家族にとっても、また家にとってもよくないという考えに基づいている。
   なので、もし保存するならぺしゃんこにした状態の方がいいらしい。

天袋は少しスッキリして空きスペースもできた。
それに、何が放り込まれていたか確認もできたので
また次なる課題がよくわかった。

押入れを整理するにあたって、もう一つの懸案事項は
湿気の多い場所に何を入れるかだ。
うちはマンションの東南角部屋なのだが、とにかく結露がすごい。
従って、押入れの中もしかりなのだ。
で、考えてみた。
湿気に強くて、普段あまり使わないものを入れるか、
しょっちゅう出し入れするものを入れるかのどっちかだなーと。
寝室の押入れなので、一番出し入れするのは言わずと知れた布団。
確かに毎日出し入れするし、しかも結露の起こる夜から朝にかけては
出してしまうのだが、どーもやっぱり気が進まない。
そこで湿気に強くて、普段使わないものと言えばダイビング用品。
これは名案!と思ったが。。。
フィンやBCなら大丈夫なのだが、これもどうも寝室の押入れという場所には
そぐわないし、収まりもあんまり良くない。
結局、一番端には扇風機と布団乾燥機、湿気取りを入れた。
後は日中などできるだけ隙間を空けておくことと、できれば扇風機で
押入れの中に風を通すことくらい。

まだまだ整理したいところはあるのだが、今回はここまでできただけでも
スッキリ気分♪(^o^)
それに、季節モノのクリスマスの飾りがいくらか出てきたので
使えそうなものを出して飾ってみた。
クリスマス気分も増して一石二鳥(^^)v
22 : 46 : 59 | その他 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
花のある風景
2006 / 12 / 10 ( Sun )
Flower1-006.jpg


家の中のちょっとしたところに花を飾るだけで
無意識のうちに癒されてるなーと思う今日この頃。
子供が小さいうちは生花を置くこともままなならなかったけど。
でも3歳になった子供は男の子ながら花が好きみたい。
花を見るとうれしそう。
花を生けると、テーブルの上に置いといてと言う。
わたしのハンカチから花柄の物を選んで
ズボンのポケットに入れて保育園へ行ったりもする(^^;)

わたしも大人になってふと気が付くと
母はいつも庭の花をテーブルや玄関などに飾っていた。
今も普通に飾っている。
そして、実家に帰ったときにそれらの花を見て
安らぐ自分に気づいてからは、家にも花を置こうと
思うようになった。
ベランダにプランタを置いたこともあるけど
いかんせん、ルーズな性格というか根気が続かず
何度やっても手入れが行き届かなかった。
その上、枯れてしまった後の処理ができなくて。。。

そんなわけで、今は休みの日になると
近くの花屋さんでわずかばかりの花を買ってきて
食卓に飾るのが精一杯。

洗面所やトイレの片隅には造花が置いてあるけど
それだけでもちょっとした気分転換になってる気がする。
見慣れてしまって無意識に目に入ってるだけでも
違うような気がするなー。

これからも無理ない程度に(<これ重要)生活のちょっとした場面に
花を取り入れて行こう。
22 : 59 : 27 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今日の絵本
2006 / 12 / 08 ( Fri )
この前の休みに子供と図書館へ行った。
最近、せっかく図書館へ本を借りに行っても
電車の図鑑ばっかり。
読み聞かせするにも図鑑ではワンパターンに
なってしまうので、今回はあえて図鑑は借りないという
約束をして出かけた。
そして、コドモが選んだ本は・・・

あひるのアレックス あひるのアレックス
藤本 四郎、三浦 貞子 他 (2005/03)
フレーベル館
この商品の詳細を見る


カルガモに育てられることになった一匹のあひる。
でもカルガモの子供たちと一緒に成長するも
自分だけ他の子と違うことに寂しさを感じるアレックス。
それでも分け隔てなく接するカルガモ親子の優しさ。
最後は南の湖へ旅立つ母カモのリリとの別れも
もう大丈夫と健気に受け入れるアレックス。
そんなアレックスの気持ちに胸がきゅんとなるお話。

本棚の上に表紙が見えるように並べてある中から
適当に選んできただけだが、何か感じるところがあったのか
毎晩選んでいる。


おさるのジョージ まいごになる おさるのジョージ まいごになる
マーサ ウェストン、ハンス・アウグスト レイ 他 (2003/10)
岩波書店
この商品の詳細を見る


このシリーズはだんなの実家にあったのを見つけて読んだのが始まり。
親近感を覚えるのか、結構好きみたい。



11ぴきのねこ どろんこ 11ぴきのねこ どろんこ
馬場 のぼる (1996/10)
こぐま社
この商品の詳細を見る


漫画チックなねこが11匹、楽しく騒がしく
話は単純だけど、ほのぼのする1冊。
23 : 39 : 40 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。