スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
意外な発見
2007 / 02 / 28 ( Wed )
夕焼け

前日は風が強くて空はすっかり灰色になり波も高くなっていたけど
なんともいえぬ幻想的な夕焼けをホテルの部屋からたっぷり見ることが出来た。
この微妙な色合いと光の広がり。静かに心に染みてくるような感じだった。
目が離せなくなって長い間眺めていた。

旅行二日目は伊良湖岬と鳥羽。
海を見ながらゆっくりと朝食をとった後、港まで歩いた。
恋路が浜を歩いたり、島崎藤村の「椰子の実」の歌碑を見ようと菜の花バスという無料循環バスに乗った。
菜の花

日出の石門から岬に向かって、荒波の打ち寄せる太平洋を見ながら遊歩道と砂浜をてくてく歩く。
石門

一生懸命デジカメで撮ったけど、シャッターを押してからのタイムラグが大きくて
なかなかうまくいかない。
ここには藤村の歌にちなんで、椰子の実クラブというのがあって、椰子の実を買って石垣島から流してもらい、漂着するのを待つ。
もちろん椰子の実には識別用のプレートをつけて、流すのも漂着を確認するのも代行してくれる。
漂着が確認されると、歌碑のある広場の掲示板に名前が載り、希望すれば椰子の木を記念植樹してもらえるようだ。でも漂着率は年にもよるがあまりよくないみたい。100投しても漂着は一桁台。
広場でモンベルのウェアに身を包んだ年配の一団に出合い、その服装では
汚れるかもしれませんよと親切に言っていただいたのだが、なんとかなるだろうと
持ち前の気楽さで突き進んだわたしたち。
遊歩道は崖の上にあって、だんだん浜まで下がっていくのだが、浜に下りるところは
テトラポットが突き出ていて、ちょっとサバイバルだった。
が、お互い助け合っておばちゃんたちも無事着地。
波

後は延々約1kmの海岸を話をしたり、石を拾ってみたり、波を見たり
写真を撮ってみたり、いろいろしながらぶらぶら歩く。
砂紋


続きを読む
スポンサーサイト
20 : 14 : 14 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
「ごんぎつね」の里
2007 / 02 / 26 ( Mon )
1泊旅行に行ってきた。
今回の目的地は新見南吉記念館。
新見南吉は「ごんぎつね」「てぶくろをかいに」の作者である。
  わたしってば、まずそこから知らなかった(--;)
ごんぎつね ごんぎつね
新美 南吉、黒井 健 他 (1986/09)
偕成社

この商品の詳細を見る
手ぶくろを買いに 手ぶくろを買いに
黒井 健、新美 南吉 他 (1988/03)
偕成社

この商品の詳細を見る

名古屋から電車を乗り継いで着いた所は知多半島の先の方にある半田市。
ちょうど中部国際空港のある常滑市の東隣。
駅前からタクシーに乗り、5分も走ると田園風景が広がった。
記念館の駐車場についてみたものの建物が見当たらない・・・と思ってたら
なんと芝生に埋め込まれたように地下に造られていたのだ。
記念館

入り口では文庫本を片手に座っている新見南吉(蝋人形)がお出迎え。
展示室には南吉の年表、小学校時代の成績表、日記、書簡、活動記録の他
1m四方のケースの中に6話の主なシーンのミニチュア(ジオラマ模型)があった。
「ごんぎつね」「てぶくろをかいに」「狐」「牛がつながれた椿の木」「おじいさんのランプ」
「最後の胡弓弾き」

南吉という人は4歳で実母を亡くし、8歳で母方の祖母のところへ養子に出され、
わずか6ヶ月で実父の家に戻る。
幼少の頃はかなり寂しい思いをしたことだろう。
想像するだけで、胸が痛くなりそうだ。
頭は良く、小学校卒業の答辞には自作の俳句を読んで周囲を感心させたとのこと。
14歳で童話を作って雑誌などに応募していたというからすごい。
「ごんぎつね」も「てぶくろをかいに」も18歳ころの作品だ。
巽聖歌や北原白秋と知り合い、だんだん認められていったにも関わらず
20歳ですでに喀血し、29歳という若さで亡くなっている。
兄は南吉が生まれる前に、実母も29歳で病死しているし
やはり体の弱い遺伝子を受け継いでしまったのだろうか。
驚いたことに中学時代の日記には「もしも将来自分の作品が認められるならば
自分は死んだ後再び生きることができる
」とまで書いていた。
病床に伏せっていた頃は自殺を考えたこともあったそうだが、
ドフトエフスキーの本(何かはしらないが)を読んで思いとどまったという。
その頃の日記の中に、
・・・外へ求めるのではなく、他からの見返りを期待せずに
愛を与えつづけることこそが幸せにつながると思った
・・・
というようなことを書いていた。それがとても印象に残った。
病気を通して、もうこのときにどう生きたらいいかを悟ったんだなぁ。。。
南吉は詩が得意だったらしく、詩で認められるようになりたいと思っていたそうだ。
展示の中にも少しあったが詩集も一度読んでみようと思う。
なんだか新見南吉という人に引き込まれていった。
続きを読む
23 : 18 : 24 | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
水曜日の晩御飯
2007 / 02 / 23 ( Fri )
・かつお飯。刻みねぎと焼き海苔をトッピング。
・塩豚と野菜の炒め物
・カブとタラのお吸い物(タラは先日の鍋で使わずに残してたもの)
・ひじきの煮物(常備菜)
・おでん(大根、ごぼ天、牛すじ)

この日はうわさのかつお飯をいただきました。
画像がなくて申し訳ない。気がついたときはかなり食べ進んでいて
一応撮ってみたけど、こりゃだめだ、と諦めました。
ご飯が結構黒くなってしまうけど、味はそんなに辛くもなく
やっぱりかつおがおいしかったです。
ちなみに翌日のお弁当にも詰めていきました。
冷めてもおいしい(^o^)v

昨日の夜はちょっと余裕があったので、またまたパンを焼きました。
前回のチョコパンはみんな子供に行ってしまったので
本当はチョコパンをこそ焼きたかったんだけど、チョコレートが無く。。。
手作りりんごジャムパンとクランベリー入りにしました。
おやつパン

続きを読む
22 : 40 : 01 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
不覚・・・
2007 / 02 / 20 ( Tue )
いつものように、子供と晩御飯を食べてたら、洗いものをしてくれるという。
手伝おうという気持ちはうれしいんだけど
やれ服はぬれてないか、手を滑らせて割らないか、ちゃんと洗えてるか、洗剤を流してあるか、と気を使ってしまうのでお断り申し上げたいところ。が、まぁ久しぶりだからいいかなと思ってやってもらった。
今までやるたびに横で口やかましく注意してたせいか、ちゃんと学習してくれていて、落とさないように気をつけたり、器の裏も表も洗ったりと努力してくれていた。
少しずつ進歩してるな。

少し遊んでお風呂に入れて、やっと絵本の時間。
この前図書館でまた乗り物系をやたらと借りてきてたが
今日はその中でわたしの読んだことのないのがあった。
この中の「ブルドーザーのガンバ」
乗り物絵本

いろんな工事現場で日夜働きがんばり続けたガンバは
だんだんくたびれていく。しまいには大きな団地の片隅に置き去りに
される。もう誰も迎えにはきてくれないのか・・・
そんなある雨の日、通りがかりの救急車が急病の子供を助けに行く途中
がけ崩れに出くわしたので、ガンバを動かしに来た。
(救急隊員がブルドーザー使えんのか?というギモンを持ちつつ)
子供を助けるために最後の力を振り絞ったガンバは力尽きて
崖下に落ちた。サイレンを鳴らして走り去る救急車。

わたしは淡々と読んでいた。ガンバのがんばりが延々と描かれていたし
いよいよ最後が近づいて、どうなるんだろうと思ってたところに
草の中に横倒しになったままのガンバとやまゆりの花。
そこへ来た一人の男の子の一言を読もうとして不覚にも
鼻はつまり思い切り涙声になってしまった・・・
「ありがとう。おかげで、ぼくのびょうきなおったんだ。」

うるうる(T_T)だー。思いもよらず泣いてしまった。
子供はわたしの声が変だと思うや「どうしたん?」とにやにや
笑いながら振り返った。
子供はこの感動的なストーリーよりもわたしが泣いたことがおもしろかったらしい。寝るときまで「おかあさん、さっき絵本読んで何したぁ?」とわざとらしく聞くのだった。

23 : 32 : 03 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
子供のためのお出かけ
2007 / 02 / 18 ( Sun )
土曜日にわたしが美容院へ行くのを口実に家を空けている間
だんなはお出かけしたいという子供を「明日お出かけするから
今日はおうちにいよう」と説得していた。
そんなわけで、さて今日はどこへ行ったものかと思案した結果
大阪空港へ飛行機を見に行くことになった。
ちょうど伊丹市立美術館で「元永定正+中辻悦子」の
絵本原画展をやってるのでそれも併せて。

JRで伊丹駅まで約1時間半。そこから美術館へ。
こじんまりした美術館で、展示室はなぜか2FとB1Fに分かれていた。
わたしは「もこもこもこ」と「よるのようちえん」くらいしか知らなかったが
いろいろ見られて面白かった。子供はどうも美術館のあの薄暗いのが
苦手なようで、せっかく興味を惹こうと思ってもすぐ出たがってしまう。
ざっと見た後はロビーの一角に置いてある実際の絵本をひとしきり読まされた。
「まるまる」は素直に小さい子にうけそうな感じ。
「カニツンツン」はわけわからないなりに、独特の言葉の調子や
カニ?らしきものがメインになってるのがわかるのでおもしろがっていた。
それにしても、あの言葉というか音は宇宙語かしらん?
B1Fの一角は夜の幼稚園を模して小さな椅子が半円形に並べられ
壁に原画、それ以外のところに「さっとさん」や「ぜっとさん」が
影絵で映し出されて出たり消えたりしていた。

美術館を出てバスで空港へ。
とりあえずは昼食をということで最上階にあるレストランへ行った。
この空港へ来たのは何年ぶりだろう?そんなことを思い出さずとも
ターミナルの中はもう全く様変わりしていた。
発着ロビーのある階なんかは入ってる店が今風になってるくらいだが
最上階にはなんと雑貨屋からインテリアまでを扱う大きな店が
南ウィングから北ウィングにかけて入っていた。
空港まで来て何ゆえ家具?という感じ。テーブルセット、ソファセット
ワードローブ、ベッドにいたるまで揃っている。
不思議なことに、空港に来てるというよりはその店に来てるかのように
展示品を見て回ってる人が何人もいた。あれってなんなんだろう?
南北のウィングの中央のテラスには園芸店まであった。花屋じゃなくて園芸店。
ターミナルの屋根はガーデンぽく整備され、展望デッキや外の通路は
すべて木製で木製の花壇にハーブや低木が植えてあった。ベンチもたくさん備えられていた。
昔のようにただ金網の柵の間から飛行機を眺めるという風ではなかった。
天気はいまいちだったが冬にしてはそんなに寒くなく、風も少なかったので
小さな子連れのみならず結構人がいた。

昼食後、なんだかんだと1時間ほど飛行機を見て帰路に着いた。
帰りは空港バスで家の近くまで直行したかったのだが・・・
モノレールに乗りたい、しかも遠回りになるほうの私鉄の特急に
乗りたいという小さい人の希望と、すでに疲れてはいるものの
やっぱり電車の好きな大きい人の惰性でずるずると電車に乗ってしまった。
40分乗った後は、15分おきくらいに電車を乗り換えなければならず
わたしはもうくたくた。子供にしても、昼寝はしてないしずっとテンション
高いままでかなり疲れたはずなのに、結局最後まで眠らずにもった。
夕方家に着くと、今朝偶然見つけてしまったプラレールを早速出して
まるで水を得た魚のように嬉々として遊んでいた。なんてタフなんだ。。。

子供にはかなり盛りだくさんなお出かけだった。
ちょっとやりすぎたかなという気もするが、まぁ喜んでたからいいか。
でももうやらん。
続きを読む
22 : 40 : 33 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
うさと展
2007 / 02 / 14 ( Wed )
大阪でうさと展があったので、9ヶ月ぶりに行った。
うさとの服というのは、さとう うさぶろうというデザイナーの服で
タイの女性がすべて手紡ぎで草木染した綿や麻で作る。
デザインは同じでも1着として同じものはなく、リバーシブルで着れたり
上下逆さに着られたりするものもある。
1着でのバリエーションが豊富。意外と暖かいので、重ね着すれば冬でもOK。
なんといっても不思議なのは、まるであつらえたように体にフィットすること、
体が楽なこと、そして、着ると元気になること。

気に入って試着してフィットすると、とても気持ちがよく、自然と顔がほころぶ。
基本的に展示販売の形態をとっているが、スタッフは決して押し付けがましくなく
試着も自由に楽しくできる。洋服を買うのが億劫なわたしが初めて行った展示会で
3着も買ったくらいだ。お腹がすくのも忘れて2時間半も試着していた。
スタッフとの会話もとても楽しかった。
試着してると、まるで自分がモデルにでもなったような気分になる。
それくらいぴたっとくる服がある。
あんまり着心地がよくて、試着したまんま次の服を探したりしてしまう。

今回は今持ってるのとは違う色のシャツブラウス(抹茶色)と
七部袖のタートル(黄土色に紺色の糸が横に編みこまれたもの)の2枚。
値段もとってもリーズナブル。
やっぱり写真に撮ると色が全然変わっちゃう。
これはほんとに抹茶色なんだけどなー。
抹茶色

これもタートルはもっと黄色っぽい。後ろのフード付きのブラウスは
最初に買ったもの。愛用してるので、実はもうかなり色がはげてる。
これは襟のボタンを全部とめると筒状になるので、織り込むとタートル
になる。
タートル


実はもう一つ気に入ったのがあった。
普段、ワンピースを着ることなんてまず皆無のわたしが、もしかして合うかも?と
思って最後に試着した藍色のワンピ。
襟は胸の辺りまでがボタンになってて小さいフードが付いている。
これがもうジャストフィット!背が高いおかげでロングのスカート部分も生きる。
ゆったりたっぷりのサイズながら、後ろから見た背中のラインがとてもすっきりしている。
ただ今の日常や休日の過ごし方から見ると、全く不似合いに思えてしまって
今回は見送ったけど「あぁ、こんな服を普段着に着られるような生活がしたいなぁ!!!」と思わせる服だった。
このところ、落ち込んでいたのが、なんかやっと元気が出てきたよ。

23 : 24 : 26 | その他 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
がんばったチョコパン
2007 / 02 / 13 ( Tue )
というわけで、昨晩気を取り直して焼いたパンです。
チョコパン

なぜか端っこがピンと跳ねたりしてそれぞれにかわいくなった。
味の方も今度はバッチリ!
食べる前に少し暖めればふっくらもちもちしてグッド。
できればもっとチョコたっぷりにしたいなー。

クランベリーとレーズンのパンはどうやらクランベリーがすっぱくて
子供にはNGだったもよう。
やっぱりか・・・。

23 : 53 : 32 | お菓子とパン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
休日の晩御飯
2007 / 02 / 13 ( Tue )
大根料理

もしかして、初めての料理カテゴリー。
料理をするのも久しぶり。
メインはayanoさんとこでもよく作られている大根と豚肉と小松菜の炒め煮。
今回は菜花を使いたかったので、小松菜ではなく菜花。
みりんを切らしてるので、砂糖と酒と醤油で煮た。
仕上げのはちみつもちゃんと入れた。おいしくできて満足満足。

たこ酢

酒かすもたくさん残ってるので、おつゆはたっぷりの粕汁。
具は聖護院カブ、人参、油揚げ、豆腐、小松菜。
そして、買い物で見つけた蛸を使って、たこ酢。
酢は「ゆの酢」。
あぁ、やっぱりゆの酢は香りたかく柔らかな酸味でおいしい。
すっぱいもの苦手なだんなもこれなら大丈夫なのだ。
蛸がまだあるので今度はサラダにしてゆの酢ドレッシングにするのだ!


あ、煮豆の器は違うのにすればよかった・・・
00 : 14 : 33 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
パン初焼き
2007 / 02 / 12 ( Mon )
パン

今日、久しぶりにパンを焼いた。
手前3つはクランベリーとレーズンのパン。奥の1つはりんごジャム入り。
久しぶりでレシピを見ながらやるというのに、横には子供が
いつ手伝えるかと構えていたので、できそこないになってしまった。

まず、塩を入れ忘れた。
それから、生地を伸ばし足りなかったので丸めて二次発酵させると
巻きがほどけてきたり、ふさいだ口が開いたり。。。
砂糖はそれなりに入れたのに、塩が入ってないから
なんとも間抜けな味になってしまった(;_;)

気を取り直して、この夜の間にチョコパンを焼きたいなぁ!

22 : 46 : 25 | お菓子とパン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夢見るひととき
2007 / 02 / 07 ( Wed )
雑誌

週末に雑誌を買いだめしちゃった。
「天然生活」はmarukoさんに内容を教えてもらって。
今までも何度か買ったことはあったけど、今回ほどしっかりと読んだのは
初めてだった。
続きを読む
23 : 37 : 54 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ひーくんが選んだ絵本
2007 / 02 / 05 ( Mon )
この2週間の間に保育園で借りてきた絵本。
しぶいセレクトだなぁと思ってみている。

だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本
エリック カール (1997/09)
偕成社

この商品の詳細を見る

 落ち着いた色合いで、静かに虫の音に耳を傾けたくなるような内容。
 工藤直子さんならではの訳がいいと思う。
 それぞれの虫の音がうまく表現されてて自然とイメージが湧いてくる。
 もう返してしまったので、例えられないのが残念。
 裏表紙に音声器が着いていて、最後のページになると「コロロコロロ・・・」と
 こおろぎの優しい鳴き声がする。
 子供はその声を耳を押し付けて聞いている。
 そういえば、年末に生協でエリックカールのカレンダーが出ていたので買ったのだ。
 表紙ははらぺこあおむしだけど、1月から12月はその月にあった作品になっている。
 1月は山に昇る太陽。2月はペンギン(名前忘れたけどトサカのあるやつ)。

トリとボク / 長 新太
 自然を通して自分の内面を見つめてるような不思議な感じがする。
 子供は何を感じてるだろう。
 「あれは、とりたちのくにの けしきかなぁ」という一文が好きだ。
 トリ(カモ)も池もほとんど緑の濃淡で描かれている。
 大学時代は冬になるとバードウォッチングでカモを見に行ってた
 せいもあるかもしれないけど、鳥たちが羽を震わせて水面が光る場面
 は記憶と重なるのか本当にまぶしく感じる。
 
バスにのって / 荒井 良二
 題名とは裏腹に結局バスには乗れず、「ぼく」は歩くことにするというオチ。
 ラジオから流れる音楽の「トントンパットン トンパットン」という小気味いい調子と 
 豪快かつのんびりした風景が妙にマッチしている。
11ぴきのねこ / 馬場 のぼる
 ほのぼのしつつ、ときには残酷なこともする猫たちは
 案外子供たちの自然の姿なのかもしれない。

図書館から借りた本にはこんなのもあった。
おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ
アート セイデン、マーガレット・ワイズ ブラウン 他 (2003/04)
講談社

この商品の詳細を見る

 大きなきかんしゃと小さなきかんしゃを淡々と対比しながら
 トンブクトゥーというまちへ向かってきかんしゃが走る。
 優しい色使いのきれいな風景を見てると優しい気持ちになれる気がする。<気がするだけ(^^;)
 おおきなきかんしゃにはおおきなうんてんしと、おおきなせきたんしゃと、おおきなかもつしゃと・・・・
 きかんしゃの音は字の大きさも含めておおきいのとちいさいのとをちょっとずつ変えてあるのでわかりやすい。
 大きな機関車は「ぼっぼっぼぉー」「がたんごとん」「からんからん」など
 小さな機関車は「ぽっぽっぽぉー」「かたんことん」「ちりんちりん」など
 いちいち「おおきな」または「ちいさな」が付くので、読むのは結構しんどい(^^;)

-------------------------------------------------------------
発表会が終わるとやはり一回り大きくなる感じ。
去年はなかなかみんなと同じようにリズム遊びしなかったのが
発表会後は自分から喜んでするようになったし、今年は家でも
歌を歌うようになった。
練習の中で友達と教えあったり、出番じゃないときも一緒に歌ったり
する中で、いろんなことを学び、発表会をすることで自信ができて
るんだろうなぁ。
09 : 00 : 10 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
野菜の宅配
2007 / 02 / 03 ( Sat )
野菜0202

今日来た野菜と果物
小松菜、大根、ほうれん草、ねぎ、人参、菜花、サニーレタス、かぶ、
聖護院かぶ、里芋、ごぼう、紅菜苔(こうたいさい)、甘夏、デコポン

真ん中にごろんとある白い塊が聖護院かぶ。前回大カブとあったのは
どうやらこの聖護院かぶらしい。上の方がわずかに紫がかっている。
大きくて繊維もはっきりしてるので、歯ごたえを残した方がおいしいみたい。
前回は特大1個だったけど、今回のはもう少し小ぶりなので3個。
逆に普通のかぶは小さめだ。

紅菜苔なんて初めてで、なんだろうと思って調べたらこれは中国野菜で
和名は見ての通り、紅菜花だそうだ。
炒め物にもっとも適してるが、おひたしや煮物でもいいらしい。
加熱すると赤が緑に変わるらしい。
菜花
続きを読む
00 : 00 : 14 | 宅配 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ビッグマフィン
2007 / 02 / 01 ( Thu )
マフィン

ピンクのココットがうれしくて、昨晩はバナナマフィンを作ってしまった。
休日に傷みかけてるバナナを使って、ケーキを焼こうと思ってたのができなくて
どんどん傷んでくるバナナも気になってた。

うまい具合に子供はお風呂も絵本もお父さんを指名。
これ幸いとPCに向かった。おまけに9時過ぎには眠りに落ちてくれたのだ。
というわけであまくておいしい!砂糖を使わないお菓子 / パトリシオ・ガルシア・デ・パレデスを参考に
バナナマフィンを作ってみた。
ちょうど分量がマフィン6個分だったけど、ココットは大きいので4個で
よかろうと思ってたら、ほんとにぴったりだった。
バナナを使うことで生地が重くなって膨らみにくいかもと思って
重曹を小1ほど加えた。

この本はマクロビなので、豆乳や米飴、メープルシロップなどを使うけど
今回はどれもないので、牛乳ときび砂糖とはちみつで作った。
砂糖は毎度のことながらアバウトにやったので、やっぱり控えめになった。

カップ&ソーサーはマイセン(結婚祝いに頂いた)。
ケーキプレートはロイヤル・ドルトン(弟の結婚式の引き出物)。

22 : 47 : 44 | お菓子とパン | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。