スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
小春日和に
2007 / 11 / 26 ( Mon )
連休初日、だんなの実家にお邪魔して、翌日大井川鉄道のSLに乗ってきた。
ちょうど紅葉の時期、人出も多かろうと思ったが上り(復路)の列車が
取れたので行くことになった。
実家からでも大井川鉄道の起点まで2時間あまりかかる上、SLの終点千頭(せんず)駅
までさらに1時間半。大井川沿いには川根茶で有名な川根町がある。
千頭からさらに山奥には寸又峡温泉。
とにかく朝からひたすら電車を乗りついで昼ごろやっと千頭に着いた。
前日まで結構寒かったので、この日もまだ寒いだろうと思って厚着していったら
いやぁ暑い暑い!山奥といえどもぽかぽか陽気。ひーくんはしばし河原で石や木を
投げて遊んだり、落ち葉や木の実を拾ったり。
2時間あまり、ゆっくりと過ごして駅へ戻った。

この日のSLはC11。機関車の型式はD51とかいろいろあるけど、客車にもいろいろ
あるようで、私たちが乗った客車は連結されてた中で一番古かったらしく室内灯は
白熱灯だった。映画「ぽっぽや」(?)のロケにも使われたとか。

車内ドア

白熱灯

客車は床から椅子から扉から洗面、トイレに至るまですべて木製。当然乗車口の扉も木製。
しかも内側から引っ掛けるだけの簡単なカギがついただけの扉。
調子に乗って走行中に扉を開けて写真を取りまくってしまった(^^;)
走るSL
斜陽を浴びながら走るSL「C11」

斜陽
大井川の斜陽

やっぱりこんなとこ見つかったら怒られるよなぁと思いながら、ふと横を見ると・・・
あ、やっぱり注意書きがあったのね~(^^;;;)
実家の最寄り駅に着いたのは夜も7時過ぎ。
でもひーくんはハイテンションのまま、眠ったのも10時前だった。

翌日はさらに暖かくなって、もう水遊びまでしちゃったひーくん。
ござまで敷いてもらって、外でおやつ(実は昼ごはん)。
じいじが納屋から石炭や網などを出してきてくれて、ばあばが旅行先で買ってきてた
五平餅やサツマイモ、おにぎりや里芋を焼いてみんなも便乗して外で食べた。
ござ水遊び

午後は畑へ行って、ねぎを抜き、柿を採って、1時間ばかり畑の土と戯れた。
のんびり幸せな休日であった。

続きを読む
スポンサーサイト
23 : 26 : 14 | 自然 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
りんごジャム第2弾
2007 / 11 / 21 ( Wed )
と思って、意気込んで今度はジョナゴールドで作ろうとした。
ところが、フルーツシュガーが残り20g。。。足りないー!どうしよ・・・
もうりんごは切ってしまったし、このままおいておくわけにもいかないし。
おまけにきび砂糖も切らしててフィリピン産の黒糖を使っていたくらい。
せっかくmarukoさんに教えてもらった方法できれいなピンク色のジャムを
夢見てたけど、、、諦めた(T_T)
足りない分はその黒糖とカナダ産のメープルシロップを豪快に入れて。

いざ煮込んでいくと、今度はとろみが出ない。いくら煮てもしゃばしゃば。
なんで~?!レモンも入れたんですけど、一応。
アバウト過ぎてだめだったのか、黒糖とかメープルとかだからだめだったのか・・・
ただ冷めるとほんの少しだけどとろんとなった。でも煮崩れしてないしやっぱりシロップみたい。
ヨーグルトに入れて食べるしかないかなーと思っていた。

それが、つい先日行った店で食べたチーズケーキにりんごが入ってたのだ。
これは使えると思って、早速いつも作ってるベークドチーズケーキの底の方に
入れて焼いてみた。
もう少し間に挟んだ方がよかったものの、結果はGood(^^)v
それに、ヨーグルトに入れて食べても、甘さにコクがあって
色はともかく味はなんともおいし~!!(自画自賛)
そんなわけで、3つの瓶にたっぷり作ったけど着実に減って残り1本と半分。
jam

12月にはおいしいフジが届く予定なので、今度こそきれいなジャムを作るぞー
23 : 47 : 14 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近のお気に入り絵本
2007 / 11 / 07 ( Wed )


井上洋介 作

またまた図書館で選んできた電車の絵本。
でも、この絵本はわたしも楽しくて好き。
忠実に電車を描写した絵本や乗り物絵本よりも、こういう夢のある
楽しい絵本の方が好きだなあ。スズキコージの”エンソくん”とか。

最初のページは「ゆっくり のんびり おさんぽでんしゃ」と
調子のいいフレーズで始まって、絵はなんと電車の車輪が足になってる!
だから「でんしゃのおとは こつ こつ こつ こつ」だって。。。

その後も「ひとりのりの ぜいたくでんしゃ」とか
電線の上を走る「でんせんでんしゃ」とか
「かいだん のぼる かいだんでんしゃ」とか
ちょっと発想しがたいような”とんでもでんしゃ”がリズムのある言葉と一緒に出てくる。

ひーくんのお気に入りは最後の方の”脱皮する電車”

---はるのよる でんしゃも しずかに だっぴする
---ほら ペンキぬりたて はるでんしゃ

このフレーズは暗記してて、踊ってるときやお風呂に入ったときに
口をついて出てくるらしい。

そんなひーくんは先日、七五三参りに行ってきました。
義父母と一緒にだんなの実家の近くの大きな神社に形ばかりのお参りでした。
本当なら氏神さんに参るんだろうけど。。。
子供はおそらく着物や袴は着たがらないだろうし、大体一緒に
連れて行くこと自体、うまく連れ出せるかどうか・・・と思ってたし。
大人たちは一応洋装ながらそれなりの格好をして、子供は普段着。
幸い、おとなしくお祓いに付き合ってくれました。
お祓いは集団だし祝詞はマイク使用だし・・・
ま、形だけでしたが、これからも健やかに育ってくれることを
祈りつつお参りしました。
23 : 18 : 53 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。