スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
朗読仲間との旅行-近江八幡から五個荘へ
2008 / 04 / 11 ( Fri )
午前中は近江八幡の町並みを歩き、午後は五個荘の町を散策することになった。
朗読の仲間との旅行は、普段自分だけでは到底行けない、あるいは行かないような
文化・芸術・歴史を知る旅ができることだ。
仲間と言っても年齢層は30代から60代と厚いし、皆いろいろとよく知ってるので
彼女たちから得ることも多く、勉強になる。

そんなわけで、近江八幡といえば、メンソレータムの会社のあるところで
ウィリアム・メレル・ヴォーリスという建築家が創立したということも初めて知った。
もちろん、その社名(近江兄弟社)も。保育園、幼稚園から高校までの学校法人、病院まであったとは!
元々、英語教師として日本に来たらしいが、近江八幡を愛し、日本人に帰化し名誉市民1号だそうだ。
そのヴォーリズの建てた建築物も見ながら、町並みを歩いた。
YMCA


旧八幡郵便局の2階には、ヴォーリズの家に対する基本的理念が述べられたパネルなどが
展示されていた。彼はまず台所を設計するという。食は生きるための大事な要。
また、家族の絆を築くところでもあるという。
郵便局


続きを読む
スポンサーサイト
23 : 34 : 51 | | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
朗読仲間と旅行-近江八幡-
2008 / 04 / 10 ( Thu )
JRを使えば最寄の駅から15分という近さ。車で行くより早い。
近江八幡は、秀吉の姉の息子である秀次が治めていたところで、城下町であり
近江商人の町でもある。
現在は水郷めぐりでも有名になっているところだ。
この水郷は秀次の時代に開発されたもので、これによって近江八幡は大きく栄えたそうだ。
舟

まだ少し肌寒い早春の水郷を手漕ぎ舟でのんびりゆったり巡った。
池
葦

水郷は道幅くらいのところもあれば、池のように広くなるところもあり葦原が広がる。
葦原の中からはヨシキリの声、空からはひばりの声、鴨が姿を現したり、カラスが飛んだりと
なかなか賑やかで飽きることはない。
まだ葉はつけてないが、水柳と呼ばれる柳の木もたくさん生えていた。
焼かれた葦原からは、もう新しい緑色の芽が吹き出していた。
田んぼの土手に沿った水路には桜並木があり、土手には菜の花が咲いていた。
あまりののどかさにうつらうつらとまどろんでしまうほど。贅沢な時間。至福のときが流れる。
水面

水郷めぐりの後は、町並みを見ながら散策したいところだったが、悲しいかなバスの便が悪くて
早めに宿へと向かった。琵琶湖を眺めながら温泉に浸かった後は、夜の宴会へと移って
楽しい夜を過ごした。
23 : 32 : 40 | | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。