スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ドキドキ・・・
2007 / 07 / 13 ( Fri )
昨日、子供を寝かしつけているとき、急に「お父さん(帰ってくるの)遅い~」と
言い出した。
夕食前に一緒に送り出しているので、仕事でいないことはわかっているくせに
寝るときになると、ときどき「おとうさんはぁ?」と聞いたりする。
いつもなら「お仕事。朝になったらお父さんいるから、もう寝なさい」などと言ってお終いなのだが
それが昨日は涙をぽろぽろと流しながら、やれ何時に帰ってくるだの、遅いだの
お父さんがいいだのと言って泣き続けた。

最初はよしよしと慰めて、なだめてしてたけど、あんまりはらはらと泣くので
子供心に何か予感でもしてるのかと、こっちまで不安になってきた。
だんながいつも通り帰ってくるのをイメージしながら、そんな不安を払拭していた。

考えてみれば、いつも帰ってくるのが当たり前だと思っている。
でも、もしかしたら事故にあう可能性だってあるわけだし、当たり前とは言えないのだ。
もしもそんなことが起こったときの子供の気持ちを思うといたたまれない。

いつもは帰ってくると「あぁ、1人の時間が終わってしまった」なんて
思ってしまってたことを反省した。
そして、だんなが帰ってくるまでちょっとドキドキした。
帰ってきただんなを見て、今日も無事に帰ってきてくれてよかったと思ったのだった。

感謝、感謝の毎日だ。
スポンサーサイト
23 : 16 : 08 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<記憶?それとも思い込み? | ホーム | 近況など>>
コメント

わー・・・ほんとにドキドキのシチュエーション。
こういうことがないと、なにげない日常に感謝する気持ちを忘れちゃうね。ひーくんが教えてくれたんだね。私も、思わず自分のことを振り返りました。

下の記事の「前世喫茶ツアー」で、「息子はわたしを助けるために生まれてきたと思っている」というコメント、なんだか感慨深くて、じーんとしました。圭さんがそう感じるということは、すごくいいなあ、きっと、そうなんだろうなあ、って。

p.s. なんだか、気力がなくて読み逃げばかりになっててごめんね。
by: ayano * 2007/07/15 00:43 * URL [ 編集] | page top↑

圭さん、こんばんわ
こどもって、アンテナの感度がいいというか、理屈では説明できない
未知のことなどを察する力が強いような気がするので
そんな風に涙されると、すごく不安になりますね…
我が家は職住隣接なので、たまに誰かが夜外出して
帰りが遅いときなどは、本当に心配になってしまうのです
これは私に限らず、家族みな同じく、かなりの心配性で
ちょっと変かもしれないです
ふだんずっと一緒にいるせいなのでしょうね

遅ればせですが、先日はカフェポティロン潜入レポートありがとうございました!
早速行ってくださって、我がことのように本当に嬉しかったです♪

by: maruko * 2007/07/15 22:29 * URL [ 編集] | page top↑

>ayanoさん
感謝の気持ち、本当は忘れちゃいけないと思いつつ、あるいは
感謝してるつもりになってるだけだったりして、こういうことがあると
はっと気づかされます。

1歳の頃は精神的に極限状態のことも多々あったから、落ち込んだときにふっとそんな確信めいたものが沸きあがってきて支えられたこともあったんだ。

気力がないときはお互いさまです(^^)

>marukoさん
子供には本当にたくさんの気づきをもらいますね。
普段一緒が当たり前だと、必要以上に心配になるでしょうね。
それは家族の結びつきが強いということでもあると思います。
ポティロンはうまい具合に都合がついてお祝いがてら行けてよかったです。
実はこの3連休にも1度行ってきましたよ。山型パンを2斤注文していて1つは実家の義妹のところに持って行きました。
台風が来てて前日には諦めてたんだけど、台風一過で天気が
回復したのでよかったです。
by: 圭 * 2007/07/17 22:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://xlr200.blog85.fc2.com/tb.php/101-9cbe7e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。