スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
メリークリスマス
2006 / 12 / 25 ( Mon )
今日は夜、家族3人ですぐ近くのイタメシチェーン店で食事した。
1ヶ月ほど前に、わたしが夕食を不精して子供と二人で行った店なんだけど
コドモはそれはそれは楽しかったらしく、それ以来毎日のように
その店に行きたがってたのだ。
最初はだだをこねてたのを、あそこはお父さんもお母さんも晩御飯の用意が
できなかったときに行くところだから、と苦しい言い訳をしてた。
クリスマスが近づいて、これを機会に連れて行ってやれば、気も納まるかと思って。

朝は枕元のプレゼントを見つけて、登園が遅れたのではと思ってたけど
夜、わたしと一緒に開けるということでいつも通りに出かけたらしい。
ばぁばサンタからのプレゼントは手紙付きでムシキングのクワガタ(電線付きのリモコン)
くわがた

「朝起きたらサンタさんからプレゼントあった!」とそれはそれはうれしそうな顔で言ってて
見てるこちらも幸せを感じちゃった。

絵本のプレゼントは結局「急行「北極号」」と「おおきいツリー ちいさいツリー」になった。
昼休みに北極号を買いに行ったら、クリスマスコーナーの絵本がすっかり少なくなっていて
一瞬売り切れたかと焦った。2冊残っててセーフ。
急行「北極号」 急行「北極号」
Chris Van Allsburg、クリス・ヴァン・オールズバーグ 他 (2003/11/10)
あすなろ書房

この商品の詳細を見る

文章もストーリーもとても良かった。サンタさんからもらったトナカイの首に付いていた鈴は子供の頃の純粋に信じる心の象徴。
子供の頃にははっきりと美しく聞こえた鈴の音が、妹も友達も大人になるに連れて
聞こえなくなってしまった。でも、「ぼく」は言う。

  ぼくはすっかりおとなになってしまったけれど、鈴の音はまだ耳に届く。
  心から信じていれば、その音はちゃんと聞こえるんだよ。

子供は汽車に釘付けになってしまって、汽車が描かれてないページが続くと
飽きてしまったみたい(T_T)
まぁ、内容が内容だから、3歳児にはまだちょっと早かったというか、2歳くらいの
まだお話をひたすら聞いている時期の方がじっくり聞くかも。
そうでなければ、5歳以上くらいからかな。

おおきいツリー ちいさいツリー おおきいツリー ちいさいツリー
ロバート バリー (2000/10)
大日本図書

この商品の詳細を見る

これも一応読んだんだけど、いまいち反応鈍かったのは眠かったからか
他のプラレールやクワガタのおもちゃに気を取られてしまってたからかなぁ。
スポンサーサイト
23 : 00 : 02 | イベント | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<年の瀬 | ホーム | クリスマスイブ>>
コメント

圭さん、おじゃましま~す!

クリスマスって、いつの間にか恋人達の日っていう認識になってましたが、やっぱり子供と家族のための一大イベントでもあるんですよね~。
息子さんも、憧れの外食や、たくさんのプレゼントに囲まれて、とっても幸せそうですね!
トナカイさんの鈴の音、今でもちゃんと聞けるかな…?
by: K-Hyodo * 2006/12/26 01:23 * URL [ 編集] | page top↑

いいクリスマスだったようでよかったねー♪

絵本のプレゼント・・・・わー、急行北極号!
圭さんのブログで見て興味津々です。
本屋さんか図書館で見たい本のリストに早速入れてます。
おおきいツリー、ちいさいツリーもどんなのかなあ。
両方とも、思い出の絵本になりそうだよね。
by: ayano * 2006/12/26 12:16 * URL [ 編集] | page top↑

>K-Hyodoさん
わんばんこー(死語!)
そうね。独身の人にとってはやっぱり恋人たちの日というイメージが強いでしょうね。わたしもそうだったもん。それが結婚して子供ができちゃうと、よくも悪くも「恋人」という意識がなくなるし子供中心だから、子供のいる家族にとっては一大イベントになってしまうね。
信じる心だけはいくつになっても忘れたくないですねー。

>ayanoさん
急行北極号はなんていうか、わたし自身がゆっくりと落ち着いて一人で読みたい絵本ですね。そしたら、もっといろんなものを感じ取ることができると思う。朗読にも使えそう。
子供に聞かせようとして読んじゃったから今回は読み聞かせには失敗って感じです。だから、感想を言いたくてもうまく言葉にならない。。。

「おおきいツリーちいさいツリー」は豪邸に住むおじさんが大きなツリーを買って飾ったけど、先が天井に支えて執事に先をちょん切らせたのに始まって、その先っぽが少しずつ切られながらどんどん小さい動物の小さいおうちのツリーになっていって・・・
図書館で探してみてね。
by: 圭 * 2006/12/26 23:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://xlr200.blog85.fc2.com/tb.php/16-59e97ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。