スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お正月旅行その1
2007 / 01 / 08 ( Mon )
大晦日の日は例によって朝からバタバタと出かける用意をした。
向かう先は伊勢志摩の、とある小さな島。
うちからまっすぐ行けば3時間くらいの場所なのだが、
当然まっすぐは行かない。
目的地までの途中の適当な駅でわたしと子供が電車に乗り換え、
先の適当な駅でまたピックアップしてもらうという方法は
もともと長旅でも子供を飽きさせないようにとだんなが考えたことだった。
鉄ちゃん(鉄道ファンの略)ならではの発想だ。
今では子供もしっかり電車好きの電車通になり「電車に乗ろう」という
だけで大喜びだ。
なので、この日もそうやって電車を乗り継ぎながら目的地へと向かった。
忍者列車

<伊賀上野の忍者列車をバックに>

夕方までまだ時間があったので、伊勢神宮にお参りしようかと行ってみたが
大晦日とはいえ、すでに交通規制のところもあり、駐車場近辺は渋滞していた。
子供はお昼寝中だったので、わたしだけおかげ横丁をぷらぷらと歩いたが
参道の半分も行くとだんなに呼び戻されてしまった。
それで今度は夫婦岩を見に行った。伊勢神宮もそうだが、夫婦岩も
小学校以来だったが、実物は案外小さいものだったのだな。
わたしは夫婦岩よりそこここに祭られている願掛け蛙の方が気になってしまった。

夕方、宿でわたしの両親と兄弟家族と落ち合った。
全員がそろうのは久しぶりだった。
夕食は例によって舟盛りからしし鍋からこれでもかというくらいの料理が
ところ狭しとテーブルに並べられていた。
まとめてどーんとあるので、どれから食べたらいいのか、わからないくらいだった。
大体みんな40も過ぎて、大食漢もいないのでとても食べきれる量ではなかった。
さすがにイセエビの刺身は絶品だった。
それにしても、せっかくデジカメを持っていったにもかかわらず、料理の写真を撮る
余裕などどこにもなかったのはなぜ?!
子供は我先にと席取りをするし料理をひっくり返しはしないかとはらはらしたり・・・
仕方ないとはいえ、ちょっと悲しかったりする。
新設されたと思しき1Fのお風呂は露天風呂も含めて、きれいにしてあった。
17時から19時の間なら、湯上りに冷たいデザートのサービスもある。
それなりに広くて内湯はヒノキの八角風呂。露天風呂は岩風呂と樽風呂という具合。
まぁまぁ良かった。

食事も終わって子供の寝かしつけもあって、各自部屋へ入ってしまうと
もうみんななにをしてるのかさっぱりわからなかった。せっかく集まってるのだし
大晦日だし、大人同士の交流がもっとあってもいいのにと思いつつ
弟に電話するともう寝てるというし、仕方なくだんなと子供の寝ているそばで
一人テレビをつけて紅白を見ながら日記なんぞ書いていた。
わたしはどうも旅先だとうれしくなるのか、夜も時を忘れて語り合うのが好きだなぁ。
昔はせっかく旅行に来てるのに夜寝てしまうなんてもったいないとマジで思っていた。

紅白では「千の風になって」という歌を初めて聴いたが、いい歌だなぁと思った。
同時に義母にぴったりの曲だとも思った。後日、義母にそう言うと全くその通りだし
友達にも言われたと言っていた。
人は死んでも体をなくすだけで、心はいつも光とともに空にあるんだろうなぁと思う。

 わたしのお墓の前で 泣かないでください
 そこに私はいません 眠ってなんかいません
 千の風に
 千の風になって
 あの大きな空を
 吹きわたっています

 秋には光になって 畑にふりそそぐ
 冬はダイヤのように きらめく雪になる
 朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
 夜は星になって あなたを見守る

 私のお墓の前で 泣かないでください
 そこに私はいません 死んでなんかいません
 千の風に
 千の風になって
 あの大きな空を
 吹きわたっています

ゆく年くる年も初めてまともにじっくりと見たような気がする。
全国各地の除夜の鐘や初詣の様子など、こんな風に過ごすところもあるのかと
興味深く見た。やはり歳をとったということなのか?
そんなことを思ううちに新年は明けた。

スポンサーサイト
01 : 21 : 27 | | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<お正月旅行その1つづき | ホーム | 迎春>>
コメント
伊勢えび~~~
ふふ。デジカメもっていってたのに、撮る余裕もなくなるくらい
食べるのに必死だったとお察しします(^m^)
伊勢えびの刺身なんて、ゴージャスです。
「千の風になって」は聞けなかった。
そんな奥の深い歌詞だったのね。
ワタシが失った家族もそばにいるのかもしれない。
置いて行くほうも、置いていかれるほうも寂しいから
こういう歌詞は励みになるね。
by: うっちゃん * 2007/01/08 01:38 * URL [ 編集] | page top↑

旅先で、夜寝るのがもったいないという感じ・・・わかるなあ。
特にバイク仲間との焚火&キャンプの宴会なんて、そんな感じでした。
お酒も入って、落ちそうで、眠いんだけど、眠りたくない。
でも最近は、夜寝ないと翌日が使い物にならない・・・(^^;)
今もこんな時間で、早く寝なきゃって感じです。
(ちなみに旅先・・・)

「千の風になって」というイメージのお義母さん。
素敵な人なんでしょうねー。
by: ayano * 2007/01/08 01:44 * URL [ 編集] | page top↑

なんか今の時間、3人でチャット状態だね。

>うっちゃん
はい。確かに食べるのにも必死でしたわ(笑)
この歌詞はほんとに残された人にとっては励みになるよね。
自分もこうありたいと思うな。

>ayanoさん
あら、やっぱりayanoさんも。。。
わたしもだんなに明日も休みだからって調子に乗るんじゃないよと言われたけど、できるだけ早く寝ようと思いつつこの時間です。
明日ってか今日帰ってくるのね。気をつけて。
なんだかんだ言ってもお義母さんは出来た人だと思う。

by: 圭 * 2007/01/08 02:01 * URL [ 編集] | page top↑

私も紅白→ゆく年くる年と見ました
「ゆく年くる年」、今年は寅さんの柴又帝釈天で
私が子供の頃毎年行っていたのでなつかしくて…
旅先で寝ないで語り明かしたいってすごく良くわかります♪
なのに最近はキモチとは裏腹に眠りについてしまい
翌朝がっくりします

途中で電車に乗りながら行くって楽しそうですね
電車の正面の顔にびっくり!
by: maruko * 2007/01/11 02:40 * URL [ 編集] | page top↑

>marukoさん
marukoさんも語り明かしたいくちですか!うれしい(^-^)
今は翌日の疲れも考えつつで、そうそうはできないですよねぇ。
三重県の伊賀上野は「伊賀忍者」で有名なところなので、こんな
電車も走ってます。ピンクのバージョンもあります。
ブルーが男性忍者でピンクが女性忍者と勝手に思ってたけど
このまつげを見る限り、ブルーも女性忍者?
上野市の職員は制服が忍者服と聞いたこともあるけど未確認です。
by: 圭 * 2007/01/11 22:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://xlr200.blog85.fc2.com/tb.php/22-3594b959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。