スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
TDR番外編
2007 / 01 / 18 ( Thu )
子供が眠ってしまったので、東京駅へと向かうことに。
指定の新幹線に間に合うかは微妙なところ。無理なら後の新幹線で
自由席で帰るまでのこと。

さてこれから重い旅行かばんを肩にかけながら、かつリュックを背負って行かなければと思うと
気が重かった。宅急便にする手もあるけど、そこまでなんとかなるかなと思って
ロッカーの隣の宅急便窓口もスルーしてシーを出て行ってしまった。
これがまたまた誤算だった。
例のイクスピアリに戻ったものの、この建物の奥までベビーカーを返しに行った後
この疲れた子供の手をひいて戻ってきて、東京駅まで行かなければならない。。。。。
もつか?いけるか?どう考えても抱っこもおんぶも無理だ。
それでも抱っこと言われたら?
しばし自問自答を繰り返し、聞いても無駄だよなぁと思いながらも子供に

「ベビーカーを返してしまったら、歩くしかないけど歩いてくれる?おかあさんは荷持があるから
抱っこもおんぶもできないけど大丈夫?」

と念を押すように聞いていた。
うんうんとうなずくわが子。ほんとか?
わたしもかなり疲れがピークになってきていて、どうにも自信がなくなったので
ここでやっとかばんを宅急便で送ることを決心した。
旅行社でベビーカーを返して、宅急便があるかどうか聞いてみると
インフォメーションの横にあるとのこと。

ところが、この宅急便の窓口にたどり着くのにほとほと疲れてしまった。
まず曖昧な記憶で案内の矢印に「インフォメーション」と書かれていたのを
思い出し、そっちへ行ったことが間違いだった。
そのインフォメーションはイクスピアリのインフォメーションではなくて
アンバサダーホテルのインフォメーションだったのだ。
しかも案内矢印は肝心のところで途切れていてどこをどう行けばいいのか
さっぱりわからない。
もう一人でプッツン切れていた。情けなくも滑稽だなと思った。

「一体どこにあるっていうねん!」

「全然方向違うやん!」

「なんであらへんねん!」


ぶつぶつと、いやはっきり声に出して独り言を言って憂さ晴らししながら、一方で子供に

「ごめんね、歩かせて。お母さんも疲れてんねん。」

などといいわけしながらあっちでもないこっちでもないと歩き続けた。
あと少しというところでもまだわからず、近くの店員さんを捕まえて聞いてやっとたどり着いた。

あぁ、長かった!あぁ、疲れた!!

文句一つ言わず、駄々をこねることもなく大人しく歩いてくれた子供に感謝!!

なんかわたし一人、勝手に疲れることをしていたみたい(T_T)

これでやっと物理的な肩の荷が降りた。すっきりしたー!!!
やっと舞浜駅のホームに上がったらちょうど快速が出た後で、15分くらい待たなければ
ならなかったが、まぁ休憩になった。子供は思いのほかご機嫌で元気だ。
東京駅での移動もずっと歩いてくれた!
予定の新幹線より遅れたので、自由席だったが、発車3分前に飛び乗ったにも関わらず
うまい具合に2人とも座れてやれやれだった。

名古屋までは2時間あったし、子供は疲れて寝るかと思いきや、とんでもなかった。
外の景色を眺めたり、絵本を読んだり、肘掛が上下するのを遮断機に見立てて遊んだり
して眠らなかった。
どうやら子供は大好きなおばあちゃんと遊べると思って、もう元気全開だったようだ。
9時ごろ眠りに落ちるまで遊び続けた。
ひー

---------------------------------------
超個人的旅行記にもかかわらず、ながながとお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。
さすがに、長くて引いてしまわれたかな・・・
間抜けなこともやったけど、子供にはとても楽しんでもらえたし、帰りは随分歩いて
助けてくれたし、わたしも念願のパレードが見れたし、よかったなぁと思います。

自分の服装や荷物の選択については、実は行く前から懸念していたので
最後に宅急便に頼ったのも想定内ではありました。
辿り着くのにあんなに苦労するとは思ってなかったけど。
1.持ち歩くかばんにはやっぱりリュックではダメということ。トートバッグの方がまし。
  抱っこではそんなに距離を歩くこともできないし、おんぶができない。
2.ジャンパー、コート類は嵩張らないもの、丈の短いものの方がよい。
  今回はダウンコートにしたけど、丈が長くて表面がすべるので抱っこやおんぶのときに
  子供がずってくる。暖かいからと脱いでも嵩張る。

他では、せっかくいいホテルに泊まるのだから、ホテルに戻る時間は遅くなりすぎない方が
いいと思いました。
今回使ったJRチケットセットには添い寝の子供には無料のミールクーポンがついてたので
同じ高い値段を払うのなら、夕食はホテルの方がいいかもと思いました。
でも、パレードの時間までに戻ってくるのが前提だと、ホテルまでの往復時間も必要だし
ランド内の移動距離も考えるとちょっとしんどいかなぁ。
そんな反省をしました。
わたしは一応1回行けば気が済むと思ってたけど、子供が予想以上に喜んでくれたので
希望されればまた行くかも?ただ、子供が興味を示したのは遊園地の基本である
「ジェットコースター」「コーヒーカップ」「メリーゴーランド」「ゴーカート」&「汽車or電車」
だったので、別にディズニーでなくてもいいんだと思う。
まぁ、今回はやっぱりつまるところ自分が行きたかったのだということね





さあ、あなたもTDRへ行こう!(^^)/なんちって
スポンサーサイト
23 : 27 : 17 | | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<とうとう作った「お父さんスイッチ」 | ホーム | 一服どうぞ・・・>>
コメント

ひくなんて、とんでもない!楽しかったですよ~
最後が大変でしたね…おみやげも増えるし疲労も蓄積されてるし…
本当にお疲れ様でした
荷物はちょっと高くつくけど、ホテルから送っちゃうのがベストかもしれませんね
ホテルでもゆっくりしたい♪というのはTDRのジレンマですよね
今回圭さんが泊まられたのは、あそこですものね~いいな~
私も泊まってみたい!!

実はディズニー大好きな私(年パス所有歴もあり)なのですが
もう少しお子さんが大きくなってから
ぜひ乗り物以外のエンターテイメントを楽しんでほしいななんて
生意気なことを思ったりしています
個人的なおすすめはランドならカヌー、ジャングルクルーズ、
ホースシューラウンドアップ、ショーベース…
今度行かれるときはぜひぜひ♪案内もしちゃいますよ~

by: maruko * 2007/01/20 02:28 * URL [ 編集] | page top↑

旅行記終わりですね。楽しかった~♪ お疲れさま!
荷物はいつも鬼門だよね。(^^;)
私はコドモと旅行する時はいつも宅急便&ベビーカーです。
うちのは特に重いので(3歳4ヶ月で16.5kg・・・むむ)抱っこ+荷物は、絶対に無理なんです。
抱っこは、甘えたい時だけの非常時(?)・・・。(^^;)
ベビーカーはカートにもなるので、貴重品以外を入れたかばんはそちらに収納しちゃいます。

ホテルのことも、確かに!
いろいろ遊びたいし、でも居心地のいいホテルでのんびりもしたいし。
TDLだったら、さらに悩むところだよねー。

marukoさんがディズニーフリークだなんて!(笑)
「子どもが大きくなってからのランドツアー」の際には、私もぜひお邪魔させていただきたいですー♪

そうそう、ぶつぶつ宅急便を探しながら、一方で息子ちゃんに謝ったり言い訳したりしてる圭さん、なんか可愛くて笑っちゃった・・・(笑)
by: ayano * 2007/01/20 09:49 * URL [ 編集] | page top↑

>marukoさん
そういっていただけるとうれしいです。良かった(^-^)
TDRのジレンマ、確かにそうかも。

えー!TDRフリークだったんですか!
ジャングルクルーズは実は汽車の乗りながら興味を示してたんだけど
さすがにかなり並んでるみたいだったので、パスするうちに
忘れてました(^^;)
そういえば、書き忘れてたけど急流すべり(名前忘れた)を見て
なぜだか次々にいかだが落ちていくのを、正面の岩によじ登って20分くらい
一生懸命見てた。というか釘付けになって見てたの。
もし、今度行く機会を得たら、そのときは是非よろしく~・・・次があるのか?!(^^;;;)

>ayanoさん
ありがとう!
え、(ゆ)ちゃん16.5kg!・・・ひーより1.5kgも大きいじゃん。
そりゃ無理だ。
そうそう、今回ベビーカーは現地で借りたけど、東京駅での移動とか荷物乗せることを考えたら、最初から持って行った方がよかったと思った。
並ぶときはどうせ使えないし。

もし、行くことになったら2日ともランドにしてホテルでもゆっくりしたい。・・・ayanoさんの指摘通り、ほんとに1回で済むかどうかはかなりびみょーね(笑)

by: 圭 * 2007/01/20 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://xlr200.blog85.fc2.com/tb.php/32-48c4b131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。