スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ひーくんが選んだ絵本
2007 / 02 / 05 ( Mon )
この2週間の間に保育園で借りてきた絵本。
しぶいセレクトだなぁと思ってみている。

だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本
エリック カール (1997/09)
偕成社

この商品の詳細を見る

 落ち着いた色合いで、静かに虫の音に耳を傾けたくなるような内容。
 工藤直子さんならではの訳がいいと思う。
 それぞれの虫の音がうまく表現されてて自然とイメージが湧いてくる。
 もう返してしまったので、例えられないのが残念。
 裏表紙に音声器が着いていて、最後のページになると「コロロコロロ・・・」と
 こおろぎの優しい鳴き声がする。
 子供はその声を耳を押し付けて聞いている。
 そういえば、年末に生協でエリックカールのカレンダーが出ていたので買ったのだ。
 表紙ははらぺこあおむしだけど、1月から12月はその月にあった作品になっている。
 1月は山に昇る太陽。2月はペンギン(名前忘れたけどトサカのあるやつ)。

トリとボク / 長 新太
 自然を通して自分の内面を見つめてるような不思議な感じがする。
 子供は何を感じてるだろう。
 「あれは、とりたちのくにの けしきかなぁ」という一文が好きだ。
 トリ(カモ)も池もほとんど緑の濃淡で描かれている。
 大学時代は冬になるとバードウォッチングでカモを見に行ってた
 せいもあるかもしれないけど、鳥たちが羽を震わせて水面が光る場面
 は記憶と重なるのか本当にまぶしく感じる。
 
バスにのって / 荒井 良二
 題名とは裏腹に結局バスには乗れず、「ぼく」は歩くことにするというオチ。
 ラジオから流れる音楽の「トントンパットン トンパットン」という小気味いい調子と 
 豪快かつのんびりした風景が妙にマッチしている。
11ぴきのねこ / 馬場 のぼる
 ほのぼのしつつ、ときには残酷なこともする猫たちは
 案外子供たちの自然の姿なのかもしれない。

図書館から借りた本にはこんなのもあった。
おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ
アート セイデン、マーガレット・ワイズ ブラウン 他 (2003/04)
講談社

この商品の詳細を見る

 大きなきかんしゃと小さなきかんしゃを淡々と対比しながら
 トンブクトゥーというまちへ向かってきかんしゃが走る。
 優しい色使いのきれいな風景を見てると優しい気持ちになれる気がする。<気がするだけ(^^;)
 おおきなきかんしゃにはおおきなうんてんしと、おおきなせきたんしゃと、おおきなかもつしゃと・・・・
 きかんしゃの音は字の大きさも含めておおきいのとちいさいのとをちょっとずつ変えてあるのでわかりやすい。
 大きな機関車は「ぼっぼっぼぉー」「がたんごとん」「からんからん」など
 小さな機関車は「ぽっぽっぽぉー」「かたんことん」「ちりんちりん」など
 いちいち「おおきな」または「ちいさな」が付くので、読むのは結構しんどい(^^;)

-------------------------------------------------------------
発表会が終わるとやはり一回り大きくなる感じ。
去年はなかなかみんなと同じようにリズム遊びしなかったのが
発表会後は自分から喜んでするようになったし、今年は家でも
歌を歌うようになった。
練習の中で友達と教えあったり、出番じゃないときも一緒に歌ったり
する中で、いろんなことを学び、発表会をすることで自信ができて
るんだろうなぁ。
スポンサーサイト
09 : 00 : 10 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<夢見るひととき | ホーム | 野菜の宅配>>
コメント

男の子なセレクトだな~と思いました
生き物や乗り物…ワイズ・ブラウンの絵本、私も見てみたいです
絵も美しそうですね

ひと舞台終えると、ひとまわり大きくなる…すごく共感します
過程と成果が本人にも実感しやすいというのも
発表会ならではですよね
(運動会とかだと運に左右されたりもするし)
みんなで一つのことを成し遂げるということは
いくつになっても自分の糧になるような気がします
年をとるほどに、いろんな人がいて途中がとても苦しいけど…



by: maruko * 2007/02/07 01:47 * URL [ 編集] | page top↑

>marukoさん
ワイズ・ブラウンの絵本は何気ない中にも描写は細かく色彩も
きれいですよ。
「みんなで一つのことを成し遂げるということは
いくつになっても自分の糧になる」
ほんとにそうですね。
by: 圭 * 2007/02/07 23:12 * URL [ 編集] | page top↑

本当。しぶい選書だね。
こうやって子供が選ぶ絵本って実は親の自分は選ばないだろう本だったりして
自分ではきっと出会えなかった絵本を発見できてうれしいよね。
そんで、子ども自身はこんな絵本に興味があるんだって為になる。
ふふ。最後の絵本はやっぱり・・・(^m^)
ひーくんらしくてかわいい。
by: うっちゃん * 2007/02/09 00:21 * URL [ 編集] | page top↑

>うっちゃん
「自分ではきっと出会えなかった絵本を発見できてうれしいよね」
そうそう、そうなのよー。ひそかにそれを楽しんでます。
最後の絵本、今日はもうなかったけど何回読まされたことやら。。。
by: 圭 * 2007/02/09 22:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://xlr200.blog85.fc2.com/tb.php/44-da60176b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。