スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
豪快な号外
2007 / 03 / 07 ( Wed )
高知の海癒にまたまた熱い情報が!
青森の六ヶ所村の核燃料再処理施設への反対運動などに関連して
地球温暖化を阻止しようという壮大なる運動がいよいよ始動したらしい。

毎年夏至の日にキャンドルナイトが行われるので
その日にこの「豪快な号外」を日本の世帯数4900万部を全国各地で
配布して一人一人がライフスタイルを見直そうという試み。

てんつくマンの日記より抜粋
-------------------------------------
「問題を解決したいならば、形や外を見るのではなく、自分自身を見ること」

地球温暖化と六ヶ所再処理工場の共通点。
「目に見える形は違えど、原因は同じ」
それは、自分自身のライフスタイル。
一人一人の生き方、ライフスタイルが産んだもの。
だから、モグラに餌をやりながら、モグラ叩きゲームをしてもしょうがない。
モグラを否定するということは、自分自身を否定することとも言える。

生き方を変えない限り、これからも次々に大きな問題という課題が人の前に現われる。
でも、忘れないでほしい。
問題は問題ではなく課題であり、ピンチはチャンスである。
今という課題をきっかけにみんなで成長すれば素晴らしい。

実際に「みんなでちょっと動けば変わる」世の中は変わる。
でも、動く為に必要なのは、知ること。
現実を知る、心が動く、動き方を知る、ちょっと動く。
こうなるように、まず、一人でも多くの人に現実も希望の生き方も全部、知ってほしいと思い、
豪快な号外を創ることにした。

4900万部の号外の内容は、地球温暖化の事実や今、世界で起こっていることを伝え、
そして、未来が希望に変わるライフスタイルをいっぱい伝えようと思っている。
一人でも多くの人がライフスタイルを変えると、六ヶ所どころか、原発もいらなくなる。
っていう、未来予想図も描く。

<イメージ>
この号外を配る夏至の日は、夜の8時~10時まで電気を消してろうそくの日で過すキャンドルナイトの日。
去年は500万人以上が参加したという。

イメージはその日の朝や昼、号外が豪快にまかれる。
そして、その夜、8時から1000万人以上の人が電気を消してろうそくの火をかこみながら、
号外を見ながら、話あう。

「そうか、地球温暖化ってここまで進んでるんやね」
「知らないことばかりだったね」
「でも、ここに書いてるよ、みんなでちょっと動けば変わるって」
「私、これ出来るわ」
「私、明日、電気屋さんに行って、省エネの電球買ってこよう」
「みてみて、非電化冷蔵庫があるんやって、私、それ買おう」

一人一人が未来を想像しながら今と向き合って、
一人一人が自分の意思でなにを選択するかを決めてゆく。

次の日には、電気屋さんに人が並び、省エネ電球をはじめ、省エネ製品がどんどん売れる。

そして、数ヶ月もすると、ハッキリと日本の電気の消費量が急激に落ちる。
それがきっかけとなって、未来への意識が高まって、動く人がドンドン増える。
原発がいらなくなってゆく。

ちなみに、全世帯がたった一個電球を、省エネの電球に変えるだけで、
なんと、日本から車が92万台消えるぐらいCO2が削減できる。

スイッチつきのコンセントをつけて、待機電力をゼロになったら、
今、日本にある55機の原発の5機が必要なくなる。

ほんまにみんなでちょっとという、YESという動きが重なるとき、
BIG LOVEに変わる。
YES is LOVEだ。


今から10年も前の話、おいらがゲストハウスで管理人をしてた時、マクロビオティックという
食事、健康法を提唱している久司道夫さんと、政治家の政策を考える人との会合があった。

二人とも70歳を越えていた。

その二人の会話がほとんど、100年先の日本のことだった。
百年後、当然二人はこの世にはいない。
しかし、ずっと遠い未来のことを熱く語り合い、そして最後には「これからも頑張りましょう」
しわくちゃの手、二つが強く握手していた。
めっちゃかっこよかったし、しびれた。
こんなじいちゃんになりたいって思った。

みなさんいよいよ、出番がきましたぞ。
やってみましょう。

抜粋終わり--------------------

一時話題になっていた「ペイフォワード」をやっと読んだ。
作者は3人の人が毎日3人に幸せのプレゼントをプレゼントしていったら
どれくらいで地球全体に幸せのプレゼントが行き渡るか計算したそうだ。
それによると・・・
地球人口約65億人

1人が、最初の一日で、3人に広げるとして、二日目に、9人。
三日目に、27人になります。3の倍数で、広がっていく。
一日に、一段づつ広がっていくとすると、
世界のすべてのひとに、幸せのプレゼントが届くためにどれくらいの年月が必要でしょう?

答えはたったの21日。
信じられないようなほんとの話。たったの21日で世界人口に匹敵する
数字になる。
今いろんな問題が表面化しているなかで、その現実を知っているだけ
批判しているだけでは何も変わっていかないし
自分にできることがもっとないもんだろうか・・・

「わくわく、楽しく」を基本に身近な人に親切をしていったら
それだけで変わるかもしれない?
子供たちの世代に何を残したいのかをもうちょっと積極的に考えて
自ら行動していかないといけないんじゃないか・・・
と自戒の念をこめつつ思う。



スポンサーサイト
23 : 25 : 56 | その他 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<旬楽膳 | ホーム | お誕生会>>
コメント

「ペイフォワード」の映画なら、ビデオで観たことありますよ。
正直なところ、こういうねずみ講的な考え方は好きじゃありません。
まあ、3人という数字はたとえ話であって、諦める前に行動してみよう!っていうことなんですよね。

大きな理想も大切ですが、小さな現実もまた大切ですね。
地球温暖化に関しては、科学的な根拠よりも、政治的な根拠の方が強いみたいですよ。
問題が大きくなればなるほど、事実よりも信用の問題になっちゃいます。
何事も、自分の問題として考え直してみることが大切なんでしょうね。
by: K-Hyodo * 2007/03/08 02:19 * URL [ 編集] | page top↑

「問題を解決したいならば、形や外を見るのではなく、自分自身を見ること」、その通りですよね。キャンドルナイトの日、うちの近所にも配られてくるのかな。「豪快な号外」、どんな内容なのか、読んでみたいです。

てんつくさんの日記、少し読みました。
『不都合な真実』、ベストセラーだよね。興味あったんですが、いろいろ興味深いことが書いてありそうなので、近いうちに読んでみたいなあと思ってます。

興味あるといえば、ワールド・ビジョンも。
以前圭さんに教えてもらって、資料を取り寄せてどうしようと思ってまだやっていないんですが、時々興味深い資料が送られてきて、そうなのかーって読んでます。
今は、国境なき医師団とユニセフに毎月の寄付をしていて、それにワールド・ビジョンを加えるとちょっと今の収入だとキツイ・・・って感じで・・・あはは。(^^;)

まあ、こういうのは、自分にやれるとこだけぼちぼち・・・って感じです(笑)。
by: ayano * 2007/03/08 10:30 * URL [ 編集] | page top↑

実はこの記事は公開するかどうか迷ったまま保留にしてたんだけど
思い切って載せたら早速コメントがあって引くに引けなくなっちゃった(^^;)

>K-Hyodoさん
なんかものものしい(?)話題を引き合いに出してしまったけど
結局なんでもいいから身近な一歩、小さな一歩から始めようと
言いたかっただけかも。
「問題が大きくなればなるほど、事実よりも信用の問題になっちゃいます。
何事も、自分の問題として考え直してみることが大切なんでしょうね。」
わかってくれてありがとう!!

>ayanoさん
最初てんつくマンって何者?とか思ったけど草の根的な彼のやり方には好感が持てる。
わたしみたく何かしら理由をつけて動こうとしないのと違って
それをやっちゃうところがすごいなと思う。
わたしも未読ですが、『不都合な真実』気になってます。
ワールドビジョンも資料取り寄せたのね。わたしは実は資料すらまだです(--;)
この機会に取り寄せよ<こらこら!
自分で言っといてこののろさ。ごめんなさい。
ときどき現地スタッフのブログを読むと止まらなくなってしまいます。
by: 圭 * 2007/03/08 22:15 * URL [ 編集] | page top↑

地球温暖化、深刻ですね…。
環境は、良し悪しは別として、刻々と変化して行きます。そして、人間も・・
一人一人の小さな行動の積み重ねで、良い方向に変わって行くことを私も心から望んでいます。と同時に、何事においても、バランスって大切だな~って、つくづく感じる今日この頃です。
予断になりますが、、キャンドルには現代人が抱える"イライラストレス"を減らすリラックス効果もあるみたいですよ^^

by: miyu * 2007/03/09 16:10 * URL [ 編集] | page top↑

>miyuさん
こんばんは。そう、バランスは大事ですね。
キャンドルの光はほわーんとしてなんか癒されますね。
たまにですが、子供にせがまれるとキャンドルライトで
お風呂に入ります。
by: 圭 * 2007/03/09 19:12 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://xlr200.blog85.fc2.com/tb.php/57-9b0e0b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。