スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
陶器市その後
2007 / 05 / 18 ( Fri )
有田の陶器市ではなぜか宅急便ののぼりを見つけられず
駅前の店に聞いても首をかしげられた。
(後でマップをよく見たら駅前の案内所で宅急便取り扱いマークが
あったんだけど、現地では全く気づかず。)
まぁ、なんとかなるだろうと、ayanoさんの心配をよそに
そのままayanoさんたちと別れて鳥栖駅へと向かった。

鳥栖駅に着いてとりあえず陶器を宅急便に出してしまえないかと駅前のコンビニに行ってみた。
最初のところでは箱があればお受けできるのですが、とあっさり見放された。
やっぱり箱がないとなぁ。でもコンビニならダンボールくらいいくらでもあるだろうに。
と思って、箱だけでももらえないかともう1件のコンビニへ入った。
聞くと若い女の子が早速どれくらいの大きさがいいですか?などと聞きながら
探してくれた。5分くらい黙々と裏で探して、ちょうどいいサイズの箱を出してきてくれた。
そして手際よくテープで箱を組み立てて、わたしが割れ物なのでもう少し補強して欲しいと
言っても嫌な顔ひとつせずやってくれた。
品物を箱に収めるとそれでも3分の1くらいスペースが空いてしまった。
すると、これまた手際よくダンボールの切れ端を適当な大きさに切って三角にして
詰め始めた。最後の隙間は雑誌(福岡版Hotpepperなど)で埋めてくれた。
最後の梱包をしながら「何を送られるんですか?」と聞かれた。
「陶器なのよ。今有田の陶器市へ行ってきて」
「じゃぁ、逆さにしたりしない方がいいですね。」
と上指定のシールも貼ってくれた。
「へえぇ。ご旅行ですか?これからどちらへ行かれるんですか?」
「これから禿げの湯へ行くんよ」
「うわぁ、いいですねぇ!」
いやぁ、なんて気の利くいい子なんだろう!!とおばさんはすっかり感心した。
そしてジュースを1本買うと(それだけかい)、とても気持ちよく店を後にしたのだった。
旅先で人と話してこんな清清しい気持ちになったのは久しぶりだ。
ありがとう!
スポンサーサイト
23 : 26 : 04 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<海辺のガラス工房 | ホーム | 九重自然動物園>>
コメント

ほんとに気持ちの良い店員さんですね!
旅先でのこういう出来事って、その土地の印象を変えますね~
ちょっとした思いやりの心ひとつでも
受け手にとってはすごく嬉しくてありがたくて
ほっこりあったかーいキモチになりますよね♪
旅から戻って、その荷物が届いた時にも
またそんなキモチがよみがえってきたのでしょうね…

by: maruko * 2007/05/21 21:24 * URL [ 編集] | page top↑

>marukoさん
ほんとに旅先でこんなにあったかい気持ちになったのは
久しぶりでうれしかったです。
忘れられない思い出になりました。
by: 圭 * 2007/05/22 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://xlr200.blog85.fc2.com/tb.php/88-1c4f0725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。